朝はカヌーで川下り

朝のラプティ川は靄が立ちこめている。

17_084534

チトワン国立公園は東西80kmに渡るジャングル地帯。
ここには大河がふたつあり、そのひとつがソウラハ村を流れるラプティ川だ。

17_073934

僕の乗るカヌーがやってくる。この写真には写っていないけど、左岸に二頭のワニが寝ていた。じきに、朝靄をこえて太陽が顔を出す。

17_075849

今日はいつもの夕陽ではなくラプティ川にのぼる朝日の写真。

鴨のご一行様がいた。

17_083317

Nikon D7100にAF-S70-200/4VR を着けてシャッターを切る。
カヌー上で構図をとりながら鳥にピントを合わせ続けるには、3DトラッキングAFモードがよく効く。一旦、AF測距点に鳥をおさめたら、それ以降は鳥がファインダー内のどこにいようがピントを合わせ続けてくれる便利な機能だ。ぼくがAF測距点を選ぶ必要はない。旧機種までは精度がイマイチだったけど、D7100はD4と同じAFセンサーを搭載しているから精度が高く、このAFモードで撮影することが多い。

17_083253B

渡り鳥の鴨は、シベリアから越冬のためネパールに来ているそうだ。
雪のシベリアに春が来る頃、ヒマラヤを越えてシベリアへ戻っていく。

『朝はカヌーで川下り』へのコメント

  1. 名前:Akemi 投稿日:2015/02/28(土) 11:22:00 ID:06447576c 返信

    きっと朝早かったから寒くて、気温差があるとモヤガ立ち込めてたのでしょう?

    とても幻想的ですね♪

    大分の由布院の湖でも朝靄良く出てます
    似てます!

    カヌーと言っても木で出来てる風ですが水が上がって来たりしませんか?

    私はバリのキンタマーニ近くの湖でボート出して貰い二槽に別れて乗って湖遊覧した時なんか途中から水が入り込んで、必死で
    ボートから水を掻き出して何とか沈没せずに戻れたという思い出が有りまして…(^-^;

  2. 名前:ariga masahiro 投稿日:2015/03/01(日) 01:23:26 ID:b6fc97dc5 返信

    きっと、気温差が激しいから靄が立ちこめるんでしょうね。ジャングルの朝は意外に幻想的です。

    カヌーは木製で、普通に浮かんでいる分には水は上がってきませんが、急流では場合によって水が入ることもあるそうです。カメラが壊れないように注意しないと、ですね。

    バリ島のボートはメンテナンス不足なのか、湖遊覧も命がけですね(^_^;)

  3. 名前:ariga masahiro 投稿日:2015/03/01(日) 01:29:02 ID:b6fc97dc5 返信

    きっと、気温差が激しいから靄が立ちこめるんでしょうね。

    カヌーは木製で、普通に浮かんでいる分には水は上がってきませんが、急流では場合によって水が入ることもあるそうです。カメラが壊れないように注意しないと、ですね。

    バリ島のボートはメンテナンス不足なのか、湖遊覧も命がけですね(^_^;)