オーブの正体をプロカメラマンが説明する。光の玉は心霊写真?

その他

先ごろ撮影した写真に、不思議な光の玉が写っていた。

夏に訪れたチベットの寺院。薄暗い本堂の仏像の上方に多数の白いオーブが写っていた。これは神の啓示なのか、それとも精霊が現われたのか?

お寺の本堂に浮かぶオーブ

こちらは初夏の地中海。夕陽が美しいと評判のイビサ島サン アントニオ海岸だ。写真には不思議な緑色の玉が写り込んでいる。さまよう緑の光は地中海の高貴な霊か?

海岸に見える緑色の光の玉

玉が緑色であることに意味があるのだろうか。そしてこのように、撮影した写真に頻繁にオーブが写る人は、もしかしたら霊に憑かれているのだろうか。

実は、オーブは毎日のように現れている

オーブとは何か。オーブという言葉をぼくが初めて聞いたのがいつのことか正確には覚えていないが、たぶん21世紀になってからのことだと思う。フィルム時代には聞いたことがなかった。

聞いたことがないといっても、オーブとか、玉響(たまゆら)とか、そういう名称で呼ばれていなかっただけで、同じ現象は起きていた。それはカメラマンにとってごく日常的におきるもので、原因はおもにこの3つだ。

  1. レンズ表面についた塵やホコリが、太陽や照明の光に反射して光って見えるもの。
  2. 空気中の塵・雨が、フラッシュ光に反射して光って見えるもの。
  3. 太陽や照明の強い光がレンズ内で乱反射したもの

ようするにオーブとは、光がなんらかの反射をして写真に写りこんだものだ。

チベット寺院の写真はが原因でレンズ表面についた塵が写っている。丸い玉の形をしているのは、ピントの合う範囲から外れて丸くボケているからだ。

巷でよく見るオーブ写真の多くはが多い。はホコリが自然光に反射しているのに対して、はホコリがカメラのフラッシュ光に反射している。光が射す方向が違うから映像センスのある人ならすぐに見分けがつく。

のオーブは写真ばかりでなく、テレビや映画の屋外シーンで頻繁に画面に写っている。毎日、ドラマとかニュースとかぶらタモリとかで普通にオーブが写っているけどテレビを見ていて気がつかないのかなあ。←ぼくにはテレビ画像のオーブに気がつかない人の多いことの方が不思議に感じる。

手をかざせば消えるオーブ

さて、チベットの寺院本堂は構造上、天井に明かり取りの窓がある。この写真は、そこから入る光に影響されたものだ。そこで、左の手のひらをレンズの上にかざして、余分な光を遮ってみよう。これは写真用語でハレ切りという。

Tibet1

余分な光を遮ったら、写真のコントラストが上がって画にメリハリがついた。

暗部の濃度に締まりが出ている。ハレ切りはこういう効果があるからフォトグラファーなら全員がしている当たり前のテクニックだ。オーブもなくなった。オーブなんか写っていたらへっぽこカメラマンとそしりを受けても仕方がないね。

「自分の部屋で撮った写真にオーブが写っていました。うちにはホコリはありませんが」と複数の読者から質問がきた。どうやら「塵やホコリ」と聞いて綿ぼこりを連想するようだ。

Wikiに『塵(ちり)は、一般に目に見えない微小な砂などの粒子である。』と書いてあるように、ふつう塵は目に見えない。見えないというのは透明だからではなく微細で気がつかないということ。しかし服や布団からとんだ微細な塵が集まって綿ぼこりになるのだから、見えなくても空間に多く漂っている。

緑色のオーブはどんな意味があるのか

イビサ島の緑の玉は写真用語で「ゴースト」という現象だから、もしかしたら霊的現象っぽく見えるのかも。

緑色の光の玉

この写真はニコンAF-S16-85mm/F3.5-5.6というレンズで撮影したのだが、このレンズの広角域にして太陽に向けるとこのようにハッキリしたゴーストが必ず写る。このレンズの光学的特徴だから避けることはできない。


Nikon AF-S 16-85mm F3.5-5.6G

玉が緑色なのは、緑の波長帯がゴーストとして出やすい特性があるためだ。
特にスマホのレンズは反射対策が甘いから空を撮ると緑色のオーブが写りやすい。それから緑色はレンズの反射対策コーティングの種類によって青く写ることもある。「青のオーブは高貴な霊」じゃあないよ。そういう製品なだけだ。

もうひとつ、上の拡大写真をよく見ると、緑の玉の左上に赤い玉みたいなのが薄く見える。これは赤の波長帯がゴーストとして写ったものだ。赤の波長帯は緑の波長帯よりも軽減するのが一層難しいのだ。

これら諸々の光の反射を減らすために、レンズにはコーティングが施してある。メガネをかけている人なら、メガネをつくるときに反射防止コーティングをつけるかつけないかを店員に聞かれたことを覚えているだろう。コーティング有りのレンズは値段が高くなる。

コーティング技術は年々進歩しており、一眼レフのレンズは高価で高性能なコーティングが施されている。一方、スマホのレンズは逆光に弱い。

『天使の光の輪』はなぜ現われる

こちらはスペインのバルで撮影した、輪になった緑の玉と白い玉。

天使の祝福の輪

素人がみたら「天使の祝福の輪です」とか言いそうだね。でもこれは天井の照明の光が反射しただけ。電球と同じ数だけ玉があるから誰にでも分かりやすいと思う。

「霊性ある人が神社で撮影するとオーブが写りやすい」とかなんとかスピリチュアルな人が述べていらっしゃるが、普通の人がバルで酔っぱらって撮ってもオーブは写る。照明が反射しているだけだから誰が撮っても写る。

先日、FaceBookのタイムラインに流れてきたある誕生パーティーの写真で、ロウソクを吹き消す女性の頭にこの「天使の祝福の輪」がかかっていた。

それはケーキの上に丸く並んだロウソクの炎が反射しているだけなのだが、「このティアラは何かしら?」「天使の祝福の輪に違いありません」「妖精です」となどと本気の会話が続いていたのでそっとタブを閉じた。

カメラマンには、オーブは映像表現として使われることも

お次はインスタグラムからステキな写真をピックアップ。

TEAM_JPさん(@team_jp)がシェアした投稿

小雨の中で、かるくフラッシュ光をあてた写真だ。上で説明した「空気中の塵・雨が、フラッシュ光に反射して光って見える」状況をカメラマンが意図的に創り出している。ストロボをとばしてオーブを上手につくる手法は、カメラマンにはおなじみのずっと昔からある撮影方法だ。

もうひとつ、緑色と赤色の玉が写った写真。

Takashi Yasuiさん(@_tuck4)がシェアした投稿

スピリチュアルな人に見せたら「女性の魂が写っています」と言われかねないが、もちろんそんなことはない。 ぼくの地中海の写真と同じく太陽光が原因の色玉で、それを効果的に配置した写真。ドラマティックに見えるので映画でも使われる手法だ。

このように大きな色玉は、反射防止の技術が未熟だった昭和中期以前のクラシックレンズでよく見られる。

クラシックレンズはアーティスト志向のカメラマンに『味がある』『雰囲気がある』と好まれていて、特に若い女性写真家は「きれいなオーブが出現するレンズ」を積極的に使う人が多い。


クラシカルなレンズを最新デジタルカメラで使う写真家も少なくない

この種の写真を自称鑑定者が「緑色は高貴な魂です」「赤色は激しい怒りを意味しています」「成仏していない霊です」と評価しているのをSNSとかで見ることがあるが、そんなワケない。

夏になると写真雑誌によく掲載される、花火をあしらった写真。点光源が1コか2コならオーブとされてしまうが、これだけたくさんあれば誰もオーブと言わない。

照明を使うと虫が写るのもカメラマンの悩み。

これは定常光だけど、素人さんが使うカメラ付属の小さなフラッシュでも羽虫は写る。その写真を見て「妖精が写ってる!」と感激している人が本当にいるから驚く。

君の名は。に描かれる光の玉

アニメーション映画「君の名は。」は光の反射を多用した美しい作品。画面のそこかしこに光の玉が漂っている。

部屋に漂う光の玉

ここでは朝の光の雰囲気を演出するために光の玉が描かれている。しかしアニメーターたちは「オーブを描いている」とはまったく考えていないと思う。光の玉は、映像ではこのように効果的に使われる。まともな映像関係者なら「オーブ」なんて馬鹿馬鹿しいことは考えないし、そんな言葉を使うこともない。

「オーブ」とは映像の素人が使う言葉なのだ。

オーブが話題になるのはデジタル時代から

デジタル時代になって、一般の人が持つコンパクト デジタルカメラに小型撮像素子が使われるようになった。すると被写界深度(ピントが合う範囲)が深くなりレンズ表面の塵が写るようになった。

スマホの撮像素子はひときわ小さいし、反射防止コーティングが簡易だから、一層オーブが写りやすい。そして誰もがいつも持ち歩き、気軽にたくさん撮影するから、オーブ写真が量産される。そしてそれがSNSで拡散される。これが、近年オーブがよく語られるようになった理由だ。

オーブ写真と言われているものはすべて光学的現象にすぎない。

それを映像知識がまったく無いスピリチュアルな人たちが「不思議な現象」だと思い込んで「オーブ」「たまゆら」などともっともらしい名前で呼んだことで不思議現象として広まった。

オーブの7色の意味は

オーブに赤・緑・青色が多いのは、カメラの中で色の三原色(RGB=赤緑青)が乱反射している、それだけの理由だ。

RGBのうち2色をかけあわせればYMC(黄・紫・水色)になる。だから黄・紫・水色のオーブもときどき見られる。そしてRGBをすべて合わせると白になる。これで計7色だ。

Rgb色の三原色

これは加色法の法則で、テレビやスマホの液晶画面も同じ原理でつくられている。

Tv a

三原色は描け合わさっている状態が標準だから、オーブの色も白が標準だ。その多くはフラッシュ光が反射しているか、または逆光で色がとんでいるだけだ。

「白いオーブは高次元のエネルギー」などと口走っている人がいたら、その人は自分の知らないことはすべて超自然的な力の仕業と判断するアタマの人だと見なしておつきあいしよう。

オーブの色に霊的な意味は無い

オーブの色に霊的な意味はまったく無い。7色だろうが13色だろうがオーブの色の意味を解説する人がいるがそれは素人の妄想だ。

もし「色の意味」が本当のことなら、あわせて根拠が説明されているはずだが、それはどこにもない。本人にも分からないのだから書きようがない。特に女性スピリチュアリストは機械的電気的なことにまったく知識がないためか、思い込みでデタラメを口走る(しかもデタラメを自分で信じている)。

オーブの7色と虹の7色との関係は?

虹は、太陽の光が差したときに、空気中の雨水がプリズムの役割をして見える現象であることは、誰でも知っていると思う。スケールが大きいだけで、工業製品のカメラのレンズで起きるのと同じ光学現象だ。ただし虹は「自然光学現象」という。

虹は、赤・橙・黄・緑・水・青・紫の順で色が並んでいる。この「7色」は物理の法則にしたがって波長の長い方から短い方へと並んでいる。

7色のオーブが見える

雨水が多いとそれだけプリズムが大きくなり、色の三原色の赤がより多く見えて、赤と橙に分かれる。オーブも虹も物理的な光学現象で、完全に説明できる。そこに不思議なことは何もない。

時代と共に変わるオーブの色

太陽を囲んで碁盤のようにいくつも現れる赤いオーブの写真が、2013年頃までネット上によく公開されていた。この「赤いオーブ」は、本来2枚必要な赤外線フィルターを1枚にケチった安価なカメラにのみ起きる現象だ。それをスピリチュアルな人たちは「神々の祝福の写真」と大騒ぎしていた。

しかその後、この赤いオーブはほとんど写らなくなった。というのはスマホが普及して、安価なコンパクトカメラが使う人がいなくなったから、赤いオーブの写真も写らなくなった。オーブの姿も時代によって変わっていく。

七角形のオーブがあるワケは

これは撮影前のストロボ発光テスト中に写った無数の七角形のオーブ。

七角形のオーブ

この写真は絞りを深く設定しているので、レンズの7枚の絞り羽を反映してオーブが七角形になっている。これらもまた、写っているのはすべてレンズ表面のホコリ。ちゃんとクリーニングしなければ(汗)。

絞りとは、光の量を調整する機構のことで人間の瞳とまったく同じ役割をしている。違いは、人間の瞳はきれいな円形をしているが、工業製品のレンズで円形に作るのはコストがかかるため7角形〜9角形が普通。下の写真はニコンのAF 85mmF1.8というレンズで、内部に9枚の絞り羽根が見える。

覗くと9枚の絞り羽根が見えるニコンの望遠レンズ AF 85mmF1.8ニコンのレンズの絞り羽根は奇数枚数にほぼ統一されている

このレンズならオーブは九角形に写る。「九角形のオーブは刺々しい霊」と書いているスピリチュアルな人がいるがそうではないよ。

では、八角形のオーブが写るわけは?

ニコンがレンズの絞り羽根を奇数枚数に統一しているのに対して、ライバル社のキヤノンはレンズの絞り羽根を8枚の偶数でほぼ統一している。これは絞り羽根の枚数によって写真の写り方に違いがあるため。メーカーの絵作りの思想が製品に反映されている。

つまりカメラメーカーによってオーブの形も変わるのだ。知らなかったでしょう(笑)

レンズを換えればオーブも変わる

スピリチュアルな人が『龍玉』と呼んでいる、白い光の玉のなかに紋様があるオーブがある。まるで「不思議な生命体」のように見えると人気が高い白いオーブだ。

しかしだ、カメラマンから見れば紋様の原因はまったく別のところにある。それは、そのレンズの性能による。それだけだ。

パナソニックLumixが、龍玉のない『より滑らかで美しいボケ味の新開発レンズ』を、龍玉ありの旧レンズと比較写真で誇らしげにサイトで説明している

白い光の玉のなかに紋様が見える

パナソニックは龍玉とは呼んでいないけどね(あたりまえ)。単に「きれいでないボケ」と呼んでいる。一般に『価格が安い・高倍率ズーム・設計が古い』などのレンズはボケ味がよろしくなく、紋様が発生しやすい。龍玉が現われるのは自慢できることではない(ボケの形はいろんな要素が絡むからあくまで一般的な話です)。


龍玉のない、滑らかで美しい新開発レンズを搭載したパナソニックTX1

テレビ番組でオーブが特集される理由

オーブが光学的現象にすぎないのなら、何故テレビ局は「オーブ現象」を不思議現象として番組で取りあげるのか?

本当はテレビ局の人たちにも解明できない不思議な現象なのではないか?

その理由はシンプルだ。オーブが取りあげられるのは、バラエティ番組や不思議特集番組だ。それらは娯楽番組の一種で、事象を科学的に解明する番組ではない。ということは、デタラメでも冗談でも面白ければいい訳だ。

テレビ局の人たちはオーブが光学的現象にすぎないことをあったりまえのこととして知っている。不思議番組は娯楽として放送しているのだ。

オーブの色の解説ページにご用心

ネット上にはオーブの色の意味を解説しているページがたくさんある。

たいがい、最後の方に「不安な方にはオーブの写真を鑑定します」といって心霊占い師やヒーラーの鑑定サイトに誘導する欄がある。これをクリックして進むと、払った鑑定料の20%がキックバックとして誘導ページ作成者に支払われる仕組みになっている。

だからこれらのスピリチュアルなサイトでは「霊魂が何かを語りかけている可能性があります」などと不安を煽ってさりげなく有料鑑定に持ち込もうとしている。実態はヒーラーの記事広告だから、真にうけないようにね。

まとめ:オーブは心霊現象なのか

心霊現象ではない。

オーブを不思議な現象という人は

  1. カメラの機構についての知識がまったくない写真の素人
  2. ききかじりで心霊を語る素人のスピリチュアリスト

間違いなくこのふたつが共に当てはまる。

ぼくはこれまで、いろんなスピリチュアルな人から「不思議写真」を見せてもらったことがある。しかしそのすべてがこの記事と同じく光学的現象だった。そうして彼らが❶❷に当てはまることを知った。例外はテレビ局で、不思議ではないことを知っていながら「不思議写真です」と言う芸をする人たちだ。

だからぼくは未だに真の不思議写真を見たことがないし、自分で写したこともない。もしかしたら世の中の不思議写真のうち1000万枚に1枚くらいは本物の霊的事象の写真があるかもしれないが、それを見る機会は一生に一度もないだろう。

何しろ毎日のようにお寺や神社やパワースポットで写真を撮っているぼくや、仲間のプロフェッショナルフォトグラファーたちですら、誰も真に霊的な写真を撮った人がいないからね。

ようするに「本物のオーブ」というものは存在しない。

もしオーブの写真を撮ったとしても鑑定してもらう必要はない。どうしても気になるなら、心霊占い師とかヒーラーとかに見せると「高貴な霊です」「守護霊からのメッセージです」「怒りが写っています」などと根拠のない妄想をしゃべりだすから、カメラマンに見てもらおう。

でもぼく宛には写真を送らないでね。スピリチュアリスト達が「1000万枚に1枚の本物をお見せしましょう」と自信作を送ってくるけど、全てホコリや塵でした。それが分からないのはスピさんたちに知識が無いからです。それでも送ってきた作品は今後は寸評をつけて公開しますので同意の上送ってください。

というわけで「真のオーブが存在します」「多くは光学現象だとしてもまれには本物が存在するはずです」とか何とか言ってるスピリチュアリストやヒーラーは、実際には、目に見えない世界のことを分かるだけの智慧も学識も持ちあわせていない。だから何にも根拠のない無駄話しているのだ。

そんな話しを聞くのは時間の無駄だからやめよう。

ブログ内の他の記事

スポンサーリンク