GX7一覧

深夜1時に始まる踊りはマイクロフォーサーズで撮りきれるか

マイクロフォーサーズは画質に優れるフォーマットだが、夜の撮影に弱いのが玉にキズ。だと一般に思われている。 夜の撮影といってもいろいろあるけど、ぼくの場合はバリ島の夜の踊りが撮れれば性能...

記事を読む

女神サラスワティに祈る日

今日はハリ サラスワティの日。 日本でいう弁才尊天供養の日。弁才天さまは、バリ島では女神サラスワティと呼ばれている。 弁才天さまは学問技芸の神さまで、同時に水の神さまでも...

記事を読む

今日はカメラも時差ぼけ

日本からスペインへやってくると移動時間が20時間以上かかるから、けっこう疲れる。昨日は夜9時すぎには寝てしまった。9時過ぎといってもまだ明るいんだけど。 そして朝5時過ぎに目が覚めたら...

記事を読む

梅雨入り前のシャッターチャンス

五箇山に来た。 北陸地方はまだ梅雨入りしておらず、おおむね天気はいいが、日増しに空気に湿り気が増してきている。遠景が霞んでしまい、風景写真を撮るのに難しい季節となった。 ...

記事を読む

日本の美しさをもっと多くの外国人に知ってほしい

さすがは加賀百万石の歴代大名が造営しただけあって、緑豊かな兼六園はなかなか見応えがある庭園であった。午前中ずっと庭園内にいたけれど、苔むす地面を彩る木漏れ日を見ているだけでも飽きることがない...

記事を読む

夕暮れは新しいカメラがほしくなる

今日もバイラブ神の燈明を撮っていたら、いつの間にか真っ暗になってしまった。お陰で燈明が夕暮れに浮き上がって見える。 カメラはGX7、レンズはパナ20mm/1.7。 ISO...

記事を読む

ネパール地震、寄付も支援も届かない村の人々

カトマンドゥから東北へアルニコハイウェイを車でひた走る。充分なスピードがだせるし道路状態に問題ないが、途中で通り過ぎるバザールは無残な姿になっていた。 地震で被害の大きかった地域へ向か...

記事を読む

倒壊寸前、あこがれのマンションが恐怖のマンションに

カトマンドゥの環状線からランドマークのように視界に入る高層マンション。その名もパークビュー ホライズンは、先月まで人々のあこがれの高級マンションだった。 しかしネパール地震以降...

記事を読む

ミラーレスカメラのストラップは革製に限る

カメラのストラップは重要なアイテムであるわりに適当なものが少ない。 ストラップに求められる条件は、コシがなく、柔らかく、しかし丈夫であること。そして見た目に美しいこと。 「コシが...

記事を読む

猫も花見

今日は用事があって吉祥寺へ行ってきた。 せっかくなので井の頭公園へ。 5時近くなので夕方っぽい光になってしまった。 今日もGX7に12-32mmをつけて池の周りを歩く。 ...

記事を読む

レンズフードはカメラの顔。金属製でクラシックなデザインがいい

最近、ちょっとその辺に出かけるときや、移動中に首から下げているカメラは Panasonic GX7 + LUMIX G 12-32mm/F3.5-5.6 ASPHの組み合わせだ。 使い...

記事を読む