「 GX7 」一覧

バルセロナの日没

夏のヨーロッパは日が沈むのが遅い。 南欧のバルセロナでも、暗くなるのは夜10時になってから。 それまでは太陽がさんさんと射して、子供たちが公園で遊んでいる。 夏至も過ぎ...

記事を読む

NO IMAGE

いつでもシャッターチャンス

ワインのテイスティング。 GX7のAFを顔認識に設定して、 レンズは7-14mm/4 を着けて、 14mm(換算28mm)でパチリ。 ぼくは広角レンズで寄って撮るのが大...

記事を読む

パナ 7-14mm/4 用のレンズキャップ

パナソニック 7-14mm/F4 はコンパクトながらよい描写をする広角レンズ。 昨年来GX7に着けっぱなしだ。 ただし、魚眼レンズほどではないが前玉が大きく張り出している形状...

記事を読む

お手軽レンズでパチリ

夕方の町のそぞろ歩きをしながらレストランに入ったら、 素敵な衣装の美人がいたので写真を撮らせてもらった。 カメラはGX7。 特に用事がないときはこれ一台を肩に掛けて出かける...

記事を読む

シャッタースピード1/125秒で撮った写真が必ずブレる

オリンパスのカメラにはシャッターに持病があり、 1/125付近で写真がブレることは、よく知られている。 シャッターと手ブレ補正機構が干渉しあって起きるらしく、「微ブレ」現象という名前...

記事を読む

山笑う

GWを迎えた東京は、まもなく初夏を迎える。 けれども檜原村では、今が春爛漫。 道端にタケノコが顔を出している。 桜が咲いて、春っぽい景色。 檜原村は、JR武蔵...

記事を読む

マイクロフォーサーズがプロに選ばれる理由

雑誌の取材撮影は、フットワーク重視であることが少なくない。 電車を乗り継いだり、市場の混雑した通路を歩いたり、雨の里山歩きをしたり、そんなことが普通にある。それだけに撮影機材の軽量化は重要...

記事を読む

山紫水明のスバトゥで 滝に打たれる

ウブドから北へ、車で3〜40分走った山中に、 沐浴場として有名なグヌンカウイ スバトゥという寺がある。 ここは山紫水明、沐浴池の水はとても澄んでいて底の小石まではっきりと見える。 ...

記事を読む