ヒマラヤトレッキング一覧

ルクラ空港で取りのこされたぼくがカトマンドゥへ戻るまでの長い道のり

今日は飛行機が飛ぶだろうか。 ガイドのラジューくんは朝7時より前から、ぼくが何とかカトマンドゥに戻れるために各航空会社に当たってくれていた。ラッキーなことに宿泊しているナマステロッジの...

記事を読む

ああ、何ということだろう。フライトキャンセルでルクラ空港に足止めか

少し悪い予感がした。 ぼくの乗るターラー航空カトマンドゥ行の便は、本日朝10時出発の筈だったが、ここルクラでは、そんな表向きの時刻は何の意味もない。昨日の航空会社による手配でぼくが乗れ...

記事を読む

世界で最もスペクタクルといわれている、ルクラ空港の迫力満点の離着陸

今日はトレッキングの締めくくり。 ナムチェバザールからルクラへと戻る日。同じ宿の英国人は"Today is long day"といって朝7時過ぎに出発していった。 ぼくは朝7時半に出...

記事を読む

世界最高峰を眺める高級ホテル、エヴェレストビュー ホテルに泊まる

トレッキングも終盤にさしかかり、標高5000m以上の、宇宙に近い世界から降りてきて、人里のある標高4000mの丘にやってきた。 ナムチェバザールに近い、見晴らしのいい丘。 そこには、...

記事を読む

一日の最後の光がエヴェレストに当たる。やっぱり世界最高峰だった

標高5360mのゴーキョピークは、ふもととの標高差が約600mのヒマラヤの展望台。この丘を登るのに2時間かかった。 例によって空気が薄いから歩いているよりも休んでいる時間が長い。 苦...

記事を読む

標高5000mの湖に姿を映すヤクの神々しさに圧倒される

展望台のゴーキョピークに登るため、背中に朝日を浴びて湖の脇を歩いていたら、一頭のヤクがぼくの前を横切り、湖に入っていった。 そして、振り返ってこちらを見た。 大きなヤクの存在...

記事を読む

神々の峠、チョラパスを越える

エヴェレスト山域には、カラパタールとゴーキョピークのふたつの展望台がある。 どちらも標高5500m程度の丘だが、両者を往来するためには、その間にある標高5420mの急峻な峠、チョラ ラ...

記事を読む

【カラパタール】標高5545mの展望台からヒマラヤと氷河を見渡す

この一週間というもの、天気に恵まれ、景色は素晴らしく、申し分のないヒマラヤ トレッキングをしているところ。 けれども、いかんせん標高4500mを超える土地で、薄い空気の山道を歩いている...

記事を読む

今日も標高4000mの高地を歩く

今日はヒマラヤ山脈に向かって歩く日。 白色の川、ドゥードゥコシに沿って、てくてくと歩く。 正面に見えるはアマダブラム。6856m峰。 川を渡って登りにかかる。 てくてく。...

記事を読む

標高4000mの僧院で、ラマ僧たちの踊りを見た <マニリンドゥ>

11月6日 僧侶たちの舞踊 タンボチェゴンパはエヴェレストのあるクーンブ山域で一番大きいお寺。 写真の右下の丘にあるのがそれ。 近くによるとこんな感じ。 ...

記事を読む

世界最高峰のふもと、エヴェレスト街道を行く

標高3400mのナムチェバザールは、エヴェレスト山域の登山やトレッキングの中継地点として有名な村。山中にしては大勢の人が集まり、昨今は町といってもいい規模になりつつある。 朝8...

記事を読む