【ポルト】世界でいちばん美しい書店は、ハリーポッターの舞台にもなった…?

ポルトガル第二の都市、ポルトには、世界で最も美しいと言われている本屋がある。ぼくはずいぶん前にも行ったことがあるのだが、当時使っていたのはフィルムカメラだったしそのうえ店内撮影禁止だったから、内観の写真は持っていない。

で、ずいぶん久しぶりに「世界で最も美しい書店、レロ エ イルマオン」Livraria Lello & Irmãoに行ったら、店は驚くほど大勢のツーリストに囲まれていた。

01

すっかり観光名所になっている。

約500円の入場券が必要な書店

最近は観光とSNSの発展によって観光客が増えたことで書店の方針が変わり、なんと客から入場料をとることにしたそうだ。店内はFree WiFiで、客は写真を自由に撮ってその場でSNSにアップできる。

入場待ちの列は50m以上にも連なる。

ここは本当に本屋なのだろうか。以前はほとんど誰もいない店内だったのだけど。

呆然としたがすぐに我に返り、ランチ時なら空いているかもと考えて、時間をあらためて午後2時ごろ来た。そしたら列は40mほどになっていた。 なんだほとんど長さは変わらないじゃん。しかし天気はすっかり快晴になっていたからまあいいか。

入場券は、4軒となりの、角にある建物のなかで売っていた。1人4ユーロ(約520円)。もし店内で本を買えば4ユーロを割引してくれる。それにしても入場券売り場の方が大きい建物とは不思議なこともあるものだ。

04

入場券売り場の奧にコインロッカーが設置され、荷物を置いて店内に入れるように配慮されている。コインロッカーの料金は1ユーロ。

06

さらに奧にはテーブルが並び、自動販売機でコーヒーを買って休めるようになっている。どうやら、かなりデキル人がプロデュースしているようだ。

10

というわけで、40mの列の最後尾についた。

待ち時間は意外に少なく入店できた

列についてから分かったが進み具合は結構早い。よく考えたら、いかに内装が美しいといってもしょせんはポルトガル語の書店だから外国人ツーリストが長居をするわけではなく、彼らは写真を撮ってSNSにアップしたらさっさと店を出ていくから回転が速いのだった。出直す必要はなかったな。

外観の装飾はこんなかんじ。ネオゴシックとアールヌーヴォーがミックスしたデザイン。ステキですね。

11

ちょっと並んだだけですんなりと店内に入れた。

12

みんな写真撮影に余念がない。

14

天井はステンドグラスになっている。

1909年のモダン建築はアールデコ

レロ エ イルマオンは1869年創業の書店で、現在ある店舗は1909年に建てられたものだ。ちょうど、アールヌーヴォーからアールデコに移る時代の建築なので、外観はアールヌーヴォーながら内装はアールデコなかんじ。

16

ハリー ポッターの作者J K ローリングはポルトで英語教師をしていたことがあり、処女作「ハリー・ポッターと賢者の石」の第3章までは在住中に執筆されていた。そのため初期作品の各所にポルトの風景が反映されているといわれている。魔法界の書物をあきなうフローリッシュ アンド ブロッツ書店のイメージはレロ エ イルマオンから着想を得たそうだ。いわれてみれば2階建てのところが似ている。しかしそれ以外の共通点はないような気もしないでもない。要素を取りいれた、というところか。

ネット上に、レロ書店はホグワーツ魔法学校のモデルになったとか、ハリー ポッターの撮影ロケ地になったとかいった、デタラメなまとめ記事があふれている。映画を観れば分かることだが、ホグワーツ魔法学校は巨大な城塞で、外観はスコットランド建築、内部は中世のイングランド建築だ。ポルトガルの小さな書店とは似ても似つかない。

店の名の「レロ エ イルマオン」は「レロ兄弟書店」という意味。
レロはアンジェロの略称で、ふつうは単に「レロ書店」と呼ぶ。

ポルトガル人には、店内で本をよく探している人もいる。

18

ぼくも本屋が好きだから、こうして本をじっと見ている人がいるとホッとする。

レジにも行列ができていて大繁盛だ。
日本人と違ってヨーロッパ人はそれほど本を読まないから、本屋のレジに行列ができるなんてめずらしい光景だなあ、と思ったが、これもよく考えたら本を買えば入場料4ユーロの元が取れるからなのだった。

29

いくつもあるレジはいずれも大忙しの様子。

店の中央にある螺旋状の階段は「天国への階段」と呼ばれるほど美しい。と聞いていたが、客が多すぎるのか赤い塗装が擦り切れていた。でも店内が薄暗くてよく見えないし、肉眼ではさすがハリポタの舞台という雰囲気を醸しだしていた。

30

確かに美しい建築です。

32

でも人が多い。

店員にきいたら、常時150〜200人程度の客が店内にいるらしい。

入場券をQRコードで管理しているから定員制なのかと思ったが別にそういうわけではなく、外で並んでいる客を数えもせずに中に入れている。客はどんどん入るけど、同じペースでどんどん出ていくから店内が朝の山手線のプラットホーム状態にはならないようだ。

34

2階窓際で水を売っている。

41

店のマークが貼り付けられている。それだけで2.50ユーロもするとは商売上手な店ですな。このマークは天井のステンドグラスの中央にも描かれている。

ローリング女史は書店の2階でお茶していた

入場料徴収以前はこの位置にカフェがあり、小さなテーブルがいくつか置かれていた。客はほとんどいなかったが、J K ローリングはこのカフェがお気に入りだったらしい。ねっからの本好きなのだろうね。

43

天井の木調はインドの仏教のマークにも見える。花弁も8枚あるし。
たまたま似ているだけでしょうけれど。

46

入場料を徴収しはじめたのは2015年6月からということだが、大成功だったようだ。儲かって仕方がないだろう。

88

店内を一巡りしたし、そろそろ帰るか。

99

なんとなく名残惜しい。

レル デヴァガール書店はこの本に紹介されています