引用は自由にしましょう。作者の許可はいりません【無断転載とここが違う】

ネット界には、無断転載と引用との区別がつかない人が案外と多い。子供の頃から本や雑誌に親しんでいれば自然に区別がつく感覚のはずだが、読書習慣が身につかないまま大人になった人が、ネットでまとめ記事を書き始めたときにどうしたらいいのか分からないで困るケースも多いらしい。

引用は、著作権者にいちいち断ることなくしてもよいのだ。しかし無断転載はしてはいけない。ということが意外に理解されていないので、今回は引用について詳しく書いてみる。

引用は、作者の断りなしに自由にしてよい

写真やイラストを作者に無断で転載してはいけない。

とされているが、この決まりには例外がある。著作権法30〜47条に詳しく書いてあるが、ここでは日常生活に身近な例外を2つあげてみよう。

例外のひとつは私的複製。自分で楽しむ分にはいくら複製しても構わない。ネットで見つけた写真を自分のパソコンの壁紙にするのもOK。好きなように修正してもOK。それを同居する親兄弟に配布するのもOK。しかしそれをネットで見知らぬ人に再配布するのは私的複製の範囲を超えるからNG。

例外のもうひとつは引用。今日の本題だ。

引用のルール

引用は昔からなされていたが、引用の定義が定められたのは、有名な「マッドアマノのパロディー事件」で昭和55年の最高裁判決でのこと。長い判決文のうち重要なのは次の2点だ。

(1)著作物と引用物とが明瞭に区別されていること。
(2)自分の著作物と引用する著作物とに主従関係があること。

この2つを踏まえていれば引用と定義された重要な判決だ。

冒頭にも書いたように読書習慣のある人にとってはあたりまえのことだが、NAVERまとめに記事を書いている種類の安物ライターにはこれだけでは具体的にどうすればいいのか分からないようだ。

そこで、最高裁の判例をうけて文化庁が著作権法32条「引用」に次のようなガイドラインをつけたから、安物ライターの方々はこの通りに実行してください。

(1)引用する必然性があること。
(2)括弧などで自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
(3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること。
(4)出所の明示がなされていること。(第48条)

これに沿っていれば、必要に応じて著作権者にいちいち断ることなくして引用してよいのだ。そもそも許可を得ないでしているから引用なのであって、許可を得たら引用ではなく転載になる。「許可を得た引用」はありえない。

画像の引用が書籍でなされた具体例はこちら。

DSC00447

福井健策著「著作権の世紀」から。

福井健策氏は日本の著作権法の権威。本著に掲載した図版はすべて引用だから著作権者の許可を得ていてないそうだ。編集者が図案の著作権者に許可をとろうとしたが、福井氏が引用だからその必要はないと止めたとのこと。

ちなみに当ブログは上の複写を福井氏の許可を取らずに掲載している。

引用は作者の断りなしにしてもよいワケ

引用をいちいち断らずにしてよいのには、ちゃんと理由ある。

1)社会的に公平にみてそのほうが合理的な場合

1冊の書籍から2〜3行の文章を引用をするために、いちいち作者と連絡がとれるまで待っているのでは時間がかかりすぎるし、待ったあげくに断られることが続発したら社会が停滞する。それに作者もいちいち問合せを受けて返事をする義務があったら生活に支障が出る。

2)ある作品を評価や批評するとき

例えばある絵画の批評記事を読んでいるときに、その絵画が示されていないと一体何について批評しているのかが分からない。それでは完成度の高い批評文が望めないから絵画を引用して示すことが必要。報道の分野でも同様。

3)転載を拒否されても載せたいとき

作品の意図や内容を批判する記事には、作者から転載の許可がまずでない。許可がなければ批判ができないようでは健全な批判文化が育たない。社会に批判文化が必要だ。だから許可なくして引用できるようにする。



というわけで、社会的にみて公正ならば引用(著作者に無断で作品を載せる)は正当なものとされる。もちろん引用する際は上記の引用ルールを踏まえること。

著作権のグラデーション領域

著作権には、侵害しているブラックな状態と、侵害していないホワイトな状態のあいだに、幅広いグラデーションの領域がある。

パロディや、コミケで売られている同人誌の二次創作はその一角。二次創作は本当に楽しくてぼくは好き。

慣習的に同人誌は大目にみられているというかまったく野放し状態。ここには日本独特の二次創作文化が花開いている。

こうした同人誌の二次創作文化が世界から注目されるほど盛んになることができたのは、オリジナル作品がリスペクトされていることを原作者が分かっていて、関係する人たちみんなが楽しんでいるからだ。LINE株式会社のようにオリジナルの作者を小莫迦にして自分たちだけが利益を貪っているのとはぜんぜん違う。

同人誌の世界で著作権を主張するのはヤボだと思う。それと同じく、上記のマッドアマノの裁判は、パロディ作品がたいへん素晴らしかっただけに怒って提訴した写真家はヤボだとぼくは思っている。引用が定義されたことはよいことではあるが、パロディが萎縮してしまったのは残念だ。

ブラックとホワイトの境界は今のところ広いグラデーション領域で、明白に分かつ線は引かれてない。広々とした場所でみんなは二次創作文化を楽しんでいる。

LINE株式会社が自社の経済的利益だけのためにグラデーション領域に侵入してかき回すと、いずれ裁判所が確固とした境界線を引くことになり誰も望まない息苦しい社会になってしまうかもしれない。

著作権侵害を訴えられるのは著作権者だけ

著作権は親告罪。著作権者の気持ち次第で罪にもなるし、ならないこともある。親告罪とは、被害を受けた当人が「このような被害を受けた」と公に訴えることによってのみ成立するのだ。

著作権者本人以外の人が著作権侵害を主張することはできない。

もしかしたら著作権者は「自分の作品が使われてそれだけで嬉しい気持ち」かもしれないからで、その気持ちをおしてまで他人が事件化することはできないことになっている。作品を勝手に使われて「嬉しい」という意識の人は一定数いるから、そういうスタンスでもいいと思う(プロにはいないけどさ)。

大事なことだからもう一度言うね。ネット民が瞬間的に激情にかられて無関係な人の著作権についてクレームすることはできません。

肖像権も親告罪

親告罪はほかにもある。肖像権もそのひとつで、やはり当人しか被害を訴えられない。

あまり知られていないが実は「肖像権」という名の法律自体がなく、プライバシーや営業権など別の概念を利用して肖像権を保護しているのが現状だ。だから肖像権は理解しにくい。

「自分の顔写真を無断で撮られたら即肖像権を侵害している」ことにはならないことがあるのもそれが理由。ここはまたややこしいから別の機会に書くことにしたい。

テレビ画面をキャプチャしてネットにアップ

テレビの画面を写真に撮ってネットにアップすることは著作権侵害になるか? というと、これも上記の最高裁の判決による定義のとおり、引用要件に沿っていれば著作権侵害にならない。

くわしくはこちらを参照。
http://kakeru.me/twitter/hira-tv-tweet/

なお、テレビ局が「テレビ画面をキャプチャしてネットにアップは著作権侵害」といってることがあるが、勝手に言っているだけでそんなことはない。引用はOKだ。

自分が出演した番組なのに…

昨年12月8日のTBS NEWS23「まとめサイト問題特集」でぼくが自宅事務所で取材をうけて放送された。そのときのキャプチャを載せて同日のブログにアップした。

NewImage

そしたら「このキャプチャはTBSの番組の無断転載ではないか」とからんでくる人がいた。

ブログ記事タイトルが「TBS NEWS23に出演しました」で、記事内容がTBSの取材のことで、ちゃんと引用要件を満たしている。そのうえ写っているのはぼく自身だから肖像権もなんなくクリア。

どうやら一部のまとめライターはぼくのことが気にくわないらしく、こんなふうに無理筋でからんでくることがある。活動媒体が激減したことでムシャクシャしているみたい。

その一方で「NAVERの悪質さがよくわかりました。まとめ記事はすべて削除しました。もうまとめ記事は二度と書きません」とメッセージをくれる人もいるから、ちゃんとした人もいて当ブログが役立っているのだと思う。

SNSは自由にシェアしてよい

FaceBookをはじめSNSのシェアも本人に断りなくしてよい。

「それって当たり前じゃん」と思うでしょう? でも「知らない人の投稿は許可なくシェアしてはいけない」と信じている人がときどきいる。SNSがどういうものなのかよく分かっていないみたい。

シェアとパクリの区別がついていないのかもしれない。SNS内でのシェアは推奨だし、自分のブログに埋め込みたければ簡単にコードを取得できる。ただし写真だけをコピーして「自分の作品として」公開することはできない。

それから自分が目にしたインスタやツィッターがすでにパクリだったということもありがち。こうなるとよっぽど注意していないと判別が難しいこともあるね。

最後に話をまとめると、引用とシェアは無断でするもの、転載は許可を得てするもの。この区別がつかない人はどれもしないほうがよいかもしれない。

LINE株式会社の人たちはわかりましたか。

参考文献

著作権とは何か―文化と創造のゆくえ (集英社新書)
著作権とは何か―文化と創造のゆくえ (集英社新書) 福井 健策

集英社 2005-05
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

同時アクセス2000を超えてもビクともしないブログ環境を構築する【WordPress】

ブログ運営をWordPressでするか、レンタルブログでするか、あまたある無料ブログでするかは、ブログを始めるときの大きな悩みのひとつ。 いづれにしても長所と短所があり、ブログ運営者の...

記事を読む

今年最強の寒波を乗りきるために、ダウンのパンツを買ったよ

最強寒波を乗りきるためにはまず防寒対策。 暦では小寒〜大寒の時期だから寒いにきまっているけれど、それにしても寒い。家の中にいても寒い。そこで買ってしまった。ダウンのパンツ。 ミズノ ...

記事を読む

そもそも著作権法は何のためにあるのか、LINEが叩かれているのは何故か ?

LINE株式会社が運営する著作権侵害サイトNAVERまとめが問題化している。悪質な違法サイトが問題なのはもちろんだが、そもそも著作権はなにを目的として作られたのかを考えてみよう。 実は、著...

記事を読む

2017年新春、メカフェチを満足させる官能的なカメラがほしい

これまで使っていたカメラが酷使に耐えかねて戦線を脱落しつつあるため、この春は新しいカメラの選定と導入を迫られている。スナップ撮影が中心のぼくにはコンパクトで高性能な機種が望ましい。そしてメカ...

記事を読む

2016年まとめ・旅するフォトグラファー “年間アクセスTop10”

2016年は某パクリサイトのお陰で「まとめ」という言葉が嫌いになりかけた。その反面、パクリサイトのおかげで当ブログはすごいページビューを稼いだ。もしかしてLINE株式会社には感謝すべきなのか...

記事を読む

経費1000円で売上250万円! NAVERまとめのボロ儲けビジネス

NAVERまとめを運営するLINE株式会社は、まとめ記事作成者をこき使っていったいどのくらいボロもうけをしているのだろうか。 NAVERのタイアップ広告料はいくら LINE株式会社が発行...

記事を読む

NAVERまとめのパクリ記事への報奨金は誰が払っているのか

NAVERまとめがパクリ投稿者に支払う報償金の源泉はYahoo! JAPANが支払う広告収入。これを絶たなければNAVERは動かない。そこでWEB署名を始めました。ご賛同いただける方はご署名...

記事を読む