ロマンティックディナーで始まるラマダンの夜

昨日は新月だった。

新月が開けると、イスラム圏ではラマダン(断食月)が始まる。イスラム教徒の多くはこれからの1ヶ月というもの、日中は水も飲まずに暮らすことになる。

しかしバリ島の人々はほとんどがヒンドゥー教徒だし、リゾートエリアは西洋人が多数暮らしているから、ここでは断食という習慣があることを気にする人はほとんどおらず、いつもと様子に変わりがない。断食は「なんかやりたい人がやってる」という感覚でしかないようだ。

ぼくにもラマダンは関係がないイベントだが、まったく無関係とまでいえない。というのも撮影アシスタントのイムロンさんがジャワ島出身のイスラム教徒なので、今日から断食をするからだ。

取材でレストランやスイーツ店へ行くと撮影後にごちそうに預かり、それが楽しみでこの仕事をしているふしもあるんだけど、今日はぼくやコーディネイターさんがおいしいアイスクリームを味わっているときもイムロンさんはテーブルの端でただ座っている。

この暑いのに水も飲めないとはつらそうだ。「断食をして楽しいのですか」とイムロンさんに率直に聞いたら「楽しくない」と答えが返ってきた。

夕方はロマンティックディナーの撮影

Br 085

さて、ラマダン初日は、スミニャック海岸に面した高級ホテルのサマヤでロマンティックディナーの撮影をした。

何度も書くけどここバリ島ではラマダンはほとんど無関係。サマヤのレストランもほぼ満席だった。

新月の時期は大潮で波が大きい。寄せては返す波の音もロマンティックに感じる。波の写真もきれいに撮れた。

ロマンティックディナーの撮影は空の色がもっとも甘酸っぱくなる日没後30分頃がベストタイムだ。それはちょうど断食が終わる時刻でもある。「断食」といっても義務づけられているのは日中だけで、日没後は普通に飲み食いしていいことになっている。イスラム教の断食は日本人がイメージする断食とは別のものだ。

今日は午後6時半から食事をしてよいのだそうだ。

Br 047

というわけで、ビーチサイドに置かれたテーブルに座って、シーフード料理やスイーツを楽しみながらラマダンの初日を迎えたのだった。

ロマンティックディナーの撮影レンズはM4/3用のLEICA 12-60mm/F2.8-4.0。ロマンティックな雰囲気もよく写せるよいレンズだ。カメラはPanasonic G8。

「撮影中です」カメラマンのお仕事の様子を横から拝見してきた

「夕方に撮影があるから部屋の照明をつけっぱなしにしてください」というレターが、部屋の机のうえに置かれていた。ホテルの広告写真撮影が行われるらしい。 ちょうど、夕方はオフだったので撮影の様子...

記事を読む

NAVERまとめが、パクリサイトの運営を決してやめない理由とは

画像や文章の無断転載は作者が迷惑するだけでなく違法だというのに、LINE株式会社はいまも平然とパクリサイトNAVERまとめの運営を続けています。 NAVERの悲願は日本での地位確立 LI...

記事を読む

NAVERまとめのライターに無断転載の損害賠償を支払っていただいた件

昨年、NAVERまとめにぼくの写真が無断転載されているのを発見し、使用料(損害賠償)を支払っていだだくために発信者の連絡先を問い合わせていることは、これまでにブログで何度か書いてきました。 ...

記事を読む

インスタで話題の絶景スポットをめぐる旅【フォトジェニックツアー】

天気がいいので、バリ島で人気のインスタスポット3か所をめぐってきました。 渓谷撮影スポット@アンジュンガン 熱帯の渓谷を見晴らす撮影スポットが誕生! 田舎町バンリからさらに車で20分ほ...

記事を読む

天空のパワースポット寺院へ【スピリチュアルトレッキング】

バリ島東部、ランプヤン山頂に建つランプヤン ルフール寺院は、バリ島で最も重要な寺院のひとつ。バリ中の人が参拝に来ます。 ランプヤン山は標高1000mほどの小さな山です。 中央の頂に...

記事を読む

毎月海外へ飛ぶぼくが、成田空港建設反対運動に参加していた黒歴史

かつて千葉県成田で、空港建設反対運動が激化していた時代がありました。 1970年代は機動隊と反対派が衝突してけが人が続出し、ときに死者もでました。左翼が自作爆弾を丸の内で爆発させて通りがか...

記事を読む

愛の力は本物か、それとも偽物か、女子力で判断したらこうなった

先週、誤って見知らぬ人のツイートを自分のRSSフィード(ブログ更新情報)に送ってしまいました。あたかもぼくがその文を書いたように見えるから一瞬すごく焦った。深夜に半分寝ながらMacを操作して...

記事を読む