【ポルト】魔女の宅急便の舞台となった街を、カメラを持って撮影散歩

ポルトは、川を挟んで街並みが広がっているその独特な美しさと歴史から、この写真にうつる地域が世界遺産に指定されている。

01

川の両岸に広がる街というだけなら珍しくないが、ポルトの美しさを際立たせているのは、両岸が丘で立体的に広がっている風景だ。ぼくはこの街が大好き。

ところで、この雰囲気をどこかで見たことがない?

「魔女の宅急便」の舞台の街”コリコ”

宮崎駿監督作品のアニメーション映画「魔女の宅急便」で、主人公の女の子キキがホウキに乗って空を飛んで街に出てくるシーン。そのとき、キキが空のうえで手にしている地図がこれ。

03©スタジオジブリ

川の南北に街があり、両岸にいくつもの橋がかかっている。そして西側は宏大な海。まるでポルトの地図を見ているかのようじゃない?

05©Google

ポルトを流れるドウロ川にも、自動車道路や鉄道橋が短い間隔でいくつもかかっている。

なかでも19世紀に架けられたドン ルイス1世橋は、当時の科学技術と建築美術の粋を集めた優雅な橋。建築設計者はエッフェルの弟子セイリグで、エッフェル塔と同じく巨大な鉄骨をもちいてつくられた、全長395mものアーキテクトだ。

07

20世紀まで、ドン ルイス1世橋は両岸を結ぶ主要道路だったが、現在は住環境の向上のため市電と歩行者のみが通る道になった。自動車は一切通行できない。ごらんのとおり空間に余裕があり、建築遺産の維持保存の点からもよい決定だと思う(この橋は上下の2階式で、下は交通量が少ないためいまも自動車道路として用いられている)。

ヨーロッパではこのように、都市の中心の大通りから車を閉め出して、歩きやすく生活しやすい人間優先の街づくりが進められている。日本も見習うといいね。

なお、エッフェルはこの東側にかかる鉄道橋のマリア ピア橋を設計した。

ポルトの街並みは魔法使いに好まれるらしい

コリコの街並みは空からみると南欧風なのに、個々の家は北欧風だったりして、ヨーロッパのいろんな風景をモチーフにしている。もともと無国籍な、架空の街だから、「赤毛のアン」の制作前にプリンスエドワード島にロケハンに出かけたときのようにひとつの地域に時間をかけて綿密な取材はしていない。

けれども宮崎駿は、「魔女の宅急便」の製作開始直前の長期休暇にポルトガルを選び、そのときにポルトにも滞在している。この旅行はロケハンではなく、制作期間のあいまのプライベートの休暇だったが、滞在時期からいってこの町がイメージのひとつになったことは伺える。

「魔女の宅急便」といい「ハリー ポッター」といい、ポルトは魔法使いに好まれる街なのだね。

下町風情たっぷりな、橋のたもと

ドン ルイス1世橋のたもとは食堂が並んでいて、食事時はすごく混雑している。

12

この雰囲気、どこかでルパン三世と次元大介が食事をとっていそうな感じだね。”カリオストロの城”にこんな景色があったかな。

13 132745

赤い屋根と時計塔は宮崎作品につきもの

まるで、キキが空を飛ぶときの背景画のようなポルトのオレンジ色の屋根。

14

ポルトに限らず、地中海沿岸諸国の家はみな屋根瓦がオレンジ色だが、それは素焼きでつくられているから。北国とは瓦の制作方法が違うため、色も違う。インドネシアや沖縄の瓦がオレンジ色なのも同じく南国で素焼きだからだ。オレンジ色の屋根瓦が重なる風景は南国らしさを演出する手法なのだ。

そしてポルトに限らず、ポルトガルの街は坂が多い。

16

通りに面して洗濯物が干してあるのも南欧ならではの光景。英国やドイツでは、洗濯物を外から見えるところに干すと即座に近隣から注意される。宮崎作品には、こういった南欧の下町っぽい光景がよく登場する。

20

時計塔もみえる。よく「時計塔があるからこの街が宮崎作品の舞台になったのだ」と書いてある文をみかけるが、時計塔はヨーロッパの街にはふつうにあるもので、とくに魔女の宅急便において重要な関連性があるわけではない。

それに宮崎駿の作品には時計塔がつきもので、「ルパン三世 カリオストロの城」やジブリの「千と千尋の神隠し」「幽霊塔へようこそ展」など諸作品で時計塔が重要な仕掛けになっている。時計塔とつぶらな瞳の少女は宮崎作品に欠かせない存在なのだ。

そういえば魔女の宅急便には市電が走るシーンもあったっけ。

28

賑やかな風情は、宮崎作品で描かれる下町っぽいイメージそのままだ。

27

ポルトは、ポルトワインの本場

ポルトという街の名は、英語のポートと同じで港に由来している。それがここでは都市名であるところに古代からポルトが重要な港とされていたことがうかがえる。

01

市電に乗ってドン ルイス1世橋を対岸に渡ると、そこはポルト市ではなくヴィラ ノヴァ デ ガイア市という別の街だ。

世界遺産ポルトのふたつの顔とは

両岸あわせて「ポルト歴史地区」という世界遺産に登録されているが、ポルト市には魔女のキキが住んでいるような古い街並みがあるのに対して、ガイア市には酒蔵が並んでいるのだった。

09

此岸の酒造ではポルト独特の甘いワインがつくられて、完成したらそのまま船に載せて海外へと輸出される。主に英国人が好んだため、英語読みでポートワインと呼ばれることも多い。

06

酒蔵の前にはテーブルが並べられ、蔵出しのワインが味わえる。

07

表通りにも裏通りにも、大小の酒蔵がテーブルを並べている。全体がワイン蔵みたいな地域だから、酒好きにはこたえられない街だろうね。

08

レストランでも、誰もがそこかしこでワインを飲んでいる。

03

どのワイン蔵で見学と試飲をするか

ワイン蔵は内部を公開している。

というか、サンデマンやテイラーズのようによく知られたワイン蔵には観光客が押し寄せるから、みなから5ユーロ程度の入場料をとればそれだけでかなりの売上になる。見学がビジネスになっているらしい。

昔ながらの樽で熟成する製法でポルトワインはつくられているそうだ。

10

有名無名のワイン蔵が並んでいるが、内部はどれも同じようなものだから、どの蔵を選んでもいいと思う。せっかくだからレストランを併設した店に入ってもいいかもしれないね。見学を終えたら、テイスティング。

13

あまくておいしいワインだ。ぼくは酒が弱いたちだから、昼間に飲むことは滅多にないんだけど、おいしそうなのでいただいてしまった。そしたらやっぱりおいしかった。

15

だんだん日が西に傾いてきた。

17

ポルトという街の名は、ポルトガルという国の名にまで発展した。この地域がポルトガルの発祥の地でもある。

こうして、坂を登ったり降りたりしているうちに、一日が終わる。

30

夕飯はどこで食べようか。
ぼくは静かな環境が好きだから、橋のたもとはすこし賑やかすぎるな。少しドウロ川から離れた、路地裏の食堂を探すことにしよう。もしかしたらキキのような少女が給仕をしているかも、と期待して。