マイクロフォーサーズ一覧

ぼくが選んだ理想のアウトドア写真撮影カメラ。ヒマラヤで毎日使った機材

ヒマラヤで撮影に使った機材 理想的なアウトドア撮影カメラとはどんなカメラでしょうね。ヘビーデューティなカメラでしょうか。 いろんな状況が考えられますが、ぼくなら小型軽量で信頼でき...

記事を読む

いにしえのネパールを探して、ヘリテイジホテルに泊まる

ランタントレッキングを終えてカトマンドゥに戻る途中にヌワコットに立ち寄ることにしたのは、この町の名がネパールの歴史を語るときによく聞く場所で、かねてから興味があったからだ。 こ...

記事を読む

酸素の薄い旅日記 標高4984mのツェルゴリに日帰りで登ってきたの巻

今日は標高3870mのキャンジンゴンパから、標高4984mのツェルゴリに登る日。 この写真は2日前にランタン村から撮った写真。中央のピークがツェルゴリ。キャンジンゴンパはその麓...

記事を読む

青空の向こう側へ。ヒマラヤ山麓 タマンヘリテイジ トレッキング旅録

昨日ジープで、カトマンドゥからシャブルベシ経由でタマン族の古い村ガトラン村に到着した。1泊したガトランは、できれば数日滞在して写真を撮りたい、雰囲気のいい村だった。 ■目次 Day...

記事を読む

パナソニックが本気でプロカメラマン対応開始。テザー撮影ができるようになったよ

今秋から、パナソニックのミラーレスカメラGH5を使って、テザー撮影ができるようになった。 テザー撮影とは、デジタルカメラをパソコンに繋いで(テザリングして)大型モニタを見ながら撮影...

記事を読む

灼熱の金属を職人たちが叩いたら、涼しげなガムランの旋律が聞こえてきた

インドネシアを語るときに欠かせない楽器ガムラン。金属の鍵盤が鳴らす音色はいつ聴いてもうっとりする。今回は、その製作工房を訪ねてきた。 ジョグジャカルタから西北へ車で2時間、古都...

記事を読む

幻想的な写真を撮影するために、まる1日かけてボロブドゥールへとやって来た

バリ島から、はるばる24時間バスに乗って、ジャワ島の古都ジョグジャカルタにやってきたのは、朝の幻想的なボロブドゥール寺院の写真を撮るためだ。 暗闇の中か浮かびあがる、古代の不思...

記事を読む

カタルーニャ独立運動が盛りあがるバルセロナに来たら、穏やかな秋空が広がっていた。

11月のバルセロナはプラタナスの並木が茶色くなって、景色が秋らしくなっていた。ランブラス通りを大勢のツーリストが散策を楽しんでいる。 アラゴン地方で見た輝く紅葉と違って、バルセ...

記事を読む

ドンキホーテが闘った風車の丘。ここで、ラマンチャの男女は日没まで踊った

ラマンチャの男といえばドンキホーテ。巨人と思い込んで風車に戦いを挑んだスペイン文学史上の有名人を知らない人はいないだろう。 ラマンチャの荒野と風車 ラマンチャ地方には今も16...

記事を読む

新型ストロボ導入で格段にしやすくなったハイスピードシンクロ撮影

プロカメラマンに人気のGodox製ワイヤレスストロボは、ニコン・キヤノン・ソニーのカメラでハイスピードシンクロ(FP発光)ができるのが売りのひとつ。 これまでは上記3社のみ対応の製...

記事を読む

関ヶ原の戦いに徳川秀忠が間に合わなかった理由は、真田軍が強すぎたからなのか?

映画「関ヶ原」が公開中だからというわけではありませんが、天下分け目の合戦の直前におきた上田合戦の舞台となった信州上田城に行ってきました。 昨年の大河ドラマ「真田丸」の舞...

記事を読む