スリランカの日の出は6時30分。熱帯の夜明けに車が走る

東南アジア

今の時期、スリランカの日の出は6時30分頃だ。

太陽が、ヤシの木の上から顔を出すのは6時40分頃かな。

早朝は薄く霧に包まれているから、太陽が姿を現すと、景色全体がやわらかいオレンジ色に染まる。
その時刻にはもう、道端に中高生が立って、通学のためにバスを待っている。

野原にぽつんと、中学生が立っている姿をよく見かける。スリランカの学校は7時30分が始業だから、通学時間帯は6時台なのだ。

7時を過ぎると、こんどは大人たちが道端に立っている。
通勤のためで、田舎の道にバス停はないから、思い思いの場所に立っている。

道の向こう側には、エンジンが壊れたバスが止まっていた。
お客が修理の進展具合を見守っている。こうしてスリランカの一日が始まる。

ぼくもカメラを持って、一日が始まる。