おいしい! 天然の蜂蜜をなめたら、舌の上で甘さのハーモニーが奏でられた

バリ島

チャンディダサ海岸から内陸方向へ車で5分ほど走ると、トゥガナン村に着く。

ここは、16世紀以前のバリの習慣を今も守る村で、
村外のバリ人とは違う文化をもっているのだそうだ。

俗界のチャンディダサ海岸から僅か5分の距離で、それほどに文化が変わることに驚くが、数十年前までは車道がなく密林の奥深くにあった村だったことも理由のひとつかもしれない。

村の若者は、男女を問わず結婚相手を村内でみつけなければならないしきたりだという。

森の奧に、みつばちの養蜂ケースがあった。

マンゴーの花の蜂蜜を売る青年がいたので、味見をしたら、なかなかいい味がするので一瓶買うことにした。100%天然の蜂蜜が1本8万ルピア。

右の瓶がマンゴーの花の蜂蜜。

左の瓶は、ルバヒタム(黒蜜蜂)のハチミツ。
一舐めすると、甘くもあり酸っぱくもある上品な味が口に広がり、数秒おいてからさらに深い甘さが湧き上がってくる、野生の甘味のハーモニーが楽しめる。すばらしい味だ。

残念なことにルバヒタムの蜂蜜は品切れで、瓶の半分しか在庫がなかった。

また次回に買いに来ることにして、今日はマンゴーの花の蜜蜂だけ持って帰ることにした。こっちも、パンにつけて食べるのはもったいないほどいい味だから、毎日スプーンで一舐めすることにしよう。薬効もありそうな気がする。

90歳を超えるお年よりが、スバック(田畑の水利)の会議をしていた。

雨脚が強くなってきたので、この辺で車に戻ることにする。

スポンサーリンク