スペイン人の食事時間

スペイン

スペインのレストランの営業時間は、一般的に昼13:00〜16:00、夜20:30〜23:00ぐらい。日本人からみると時間がやや遅めにシフトしている。

しかしスペイン人にすればそれが普通で、外食に限らず家庭でも、昼食は15時頃、夕食は22時頃に食べているようだ。

5493fdf2cd49d

だから、レストランの開店と同時に店に入るスペイン人はいない。
ぼくが店に入って、注文して、出された料理をゆっくり食べている間、他に誰も客がいないことが普通である。あんまり静かなので、この店は不人気なのだろうかと心配になることもしょっちゅうである。

けれどもそれは杞憂で、ぼくが食事を終えてカフェも飲み終え、勘定を済ませて席を立つ頃になると、スペイン人たちがどやどやと入ってくる。それまで誰もいなかった店内が、あっというまに満席になってしまうのを何度も見た。ようするに食事時間のタイミングが違うだけなのだ。

シエテポルテスという有名なパエリア店に行ったときのこと。そこはスペインでは珍しく一日中開いているので、お腹が空いていたこともあって18時半ごろに店に入った。

店内にはすでにスペイン人のグループ客がいて、ワインを頼んでいることろだった。ビジネス関係らしくスーツを着ている人もいる。こんな時刻からレストランに来ているのもまた珍しいことだ。イギリス人の客を接待しているわけでもなく、皆スペイン人である。ソムリエが持ってきたワインで乾杯し、楽しそうにおしゃべりしている。

しばらしくしたら、こんどはカフェを頼んでいる。

ワインの後にカフェとはどうしたことだろう。

ついでカマレロが持ってきたのはお勘定。ビジネス客らしくクレジットカードで支払った彼らは、しばらく歓談を続けてから店を出て行った。まだ20時前だというのに。

ここでぼくは初めて事態を飲み込んだ。彼らは夕食に来ていたのではなく、昼食を続けていたのだった。もう20時に近いというのに。

でも、後でスペイン人に聞いたら、それは普通のことなんだって。

スポンサーリンク