SSDなら8GBのフォルダコピーが1分で終わる

画像ソフトとMac

ポータブルHDDの調子が悪い。
あれこれ検討した結果、新しいSSDを買うことにした。

帰国後すぐに手に入れたのは、安価で高速と評判のいいPLEXTOR PX-256M5Sだ。
容量が256GBあるから撮影データを余裕でを保存できる。
まず、これをうちのMacBookPro 13″ Mid 2010に装着してあるBUFFALO SHD-NSUM 128Gと換装する。
裏ぶたを開けての換装作業は、20分程度で終わってしまった。

MacBookProの内部構成はシンプルで、しかも美しい。配線やネジの位置にまで気を遣って美しく設計されているパソコンはMacだけだ(今はWindowsにもあるかもしれないが知らない)。換装作業も簡単。慣れた人なら5分もかからないだろう。

SSD換装後は、Time Machine(外付けHDDに入ってるOSなどデータのバックアップ)からデータを読み込むのに50分程度かな。1時間はかからなかったと思う。というわけで、換装後のOS起動も簡単だった。

Xbenchによる総合スコアは275.63。
OSやアプリが入った状態で計測しているからか、巷での評判ほど爆速ではないが、それでも充分に速い。これまでのBUFFALOのSSDのスコアは79.53だから段違いだ。

MacBookPro内のSSDにある8GBの写真フォルダを、
外付け3.5インチHDD(Firewire800接続)にコピーするのに1分しかかからない。

これまで、ファイルコピーに要する時間は4GB/分という感覚だったが、今後は8GB/分だ。
外したバッファローのSSDは、ケースを買ってきて外付けSSDとして使う予定。
内蔵・外付け共にストレージがSSDになれば、更なる時間短縮が期待できる。

スポンサーリンク