富士のフィルムシミュレーションにアドビが対応した

画像ソフトとMac

富士フイルムXシリーズのカメラで撮影したRAW(拡張子RAF)は、パソコンで現像すると残念ながらこれまでは、富士のJPEGに画質が劣っていた。なんということだろう。JPEGよりRAWの方が画質が劣るとは。

これは富士フイルムがフィルムシミュレーションに対応した画像エンジンを他社に公開しなかったからだ。つまり、フジのRAWはその実力を発揮する方法がなかったのだ。フィルムシミュレーションを楽しみたいユーザーはJPEGでの撮影するしかなかった。

しかし富士が方針を変えて、このほど、Adobeにフィルムシミュレーションの技術を伝授した。これによってPhotoshop Camera RAW と Lightroom ならィルムシミュレーションを堪能することができる。これでXシリーズのユーザーは心置きなくRAWで撮影できる。

ぼくは、まだXシリーズを持っていないんだけど、試しにS5proで撮影したRAFファイルをPhotoshop CC Camera RAW8.4で現像してみた。

しかし残念、S5proのRAFではフィルムシミュレーションをサポートしていなかった。

Adobe Standardしかない。

富士は、S5proの頃までハイパーユーティリティという名の自社製RAW現像ソフトを販売していたんだけど、これが筆舌に尽くしがたいほど使い勝手が悪いソフトで、操作も待ち時間も苦痛だった。Win環境で開発されたソフトだからWinだとマシみたいだけど、Mac環境では腹が立つほど使いにくい。だから持っているけどぜんぜん使っていなかった。

それがCamera RAW8.4によって、これからはPhotoshopでRAFが現像できるようになるかと期待したけど、残念ながらそうはいかなかった。もしかして富士フイルムはS5proのことを忘れてしまったのだろうか。

せっかくなので、S5proで撮影した夜景写真を、
各RAW現像ソフトでストレートに現像して並べてみよう。
いずれも只、縮小しただけです。

Photoshop CC Camera RAW8.4
Hyper-Utility Software HS-V3(スタンダード)
Capture one Pro 7.2
Hyper-Utility Software HS-V3(F4.ベルビア)

Capture Oneと、富士純正ソフトのスタンダードモードは色の具合が似ている。
だからぼくはS5proのRAFファイルをC1で現像している。

スポンサーリンク