リスボンには雨がよく似合う

アンダルシアからポルトガルへやってくると、緑が多く空気が潤んでいる。
ほとんど同じ場所にあるというのに自然環境がぜんぜん違う。

天気もわりと違って、リスボンはアンダルシア以上に天候不順だった。

けれども、雨の街並みというのも風情があってよいものだ。

ぼくは雨の日も好き。
などと言っていたら本格的に降ってきた。

リスボンの街並みは煤けていて、しんみりとした風情に雨がよく似合う。
ぼくは、お菓子屋のショーウィンドウにナタ(ポルトガル伝統のクリームタルト)をみつけたので、カフェを飲んでひと休みすることにした。

先週から、タパスの食べ歩きやらお菓子をつまみ食いやら、そんなことばかりしているかも。ナタはおいしくいただきました。もう1個食べたいけど我慢。休んでいる間に雨が止んでくれるといいな……

と期待していたのに、豪雨になってしまった。

外を歩く人はだれもいない。
フォトグラファーも今日は店じまいすべきだろうか。