ヒートテックは、冬を過ごすのに充分暖かいと思います?

冬物衣類を購入する時期になった。 防寒衣類は、上着・中間着・下着の3種類を上手に重ねることが基本。

なかでも重要なのは下着。質のよいものならそれだけでダウン1枚分に匹敵する暖かさが得られる。 だから下着は、身体に密着して伸縮性がよいものを選びたい。動きやすく、疲れにくく、仕事の効率も高まる。冬は、防寒下着は重要な仕事道具のひとつといってもいい。

だからぼくはアンダーウェアを重要視している。 で、秋になると、ユニクロのヒートテックを買うとか買ったとか、毎年話題になる。でも、ヒートテックってそんなに暖かいんだろうか?

暖かいアンダーはアウトドアメーカー製がおすすめ

ぼくも持っているけどヒートテックはそれほど性能は高くない。 そもそも値段を考えればそれほど高性能であるわけがない。

ヒートテックの素材は綿の混紡だから本格的な冬の防寒性能は充分ではない。というのも綿は湿気に弱く冷えやすいからだ。少し動いて汗をかくとやがてその部分が冷えて肌に張りつく。ウェットなアンダーに肌が触れる感覚はたいへん不快だ。

それから立体裁断ではないから形が身体にフィットしないので、どこかがつっぱったりして、着心地も並み程度。 結局、ヒートテックは暖房の効いた屋内にいる人向けの製品だ。外出するにしても秋から初冬までの期間に留まる。 

では、本格的な冬の季節を迎えるのにどこのアンダーがいいかというと、やっぱりアウトドアやスポーツメーカー製が優れている。なかでもミズノのブレスサーモ、モンベルのスーパーメリノウールまたはジオラインがお勧め。

どちらのメーカーも、動きやすくて暖かい。 薄手・中厚・厚手の3種類がラインナップされているが、動いているときは薄手で充分。汗をかいても、水分が身体の外に放出される構造になっているからベタつかず、冷えることもない。

ほかにはThe North Face のアンダーもいい製品だ。
The North Faceはアパレルメーカーだからアンダーウェアといっても見た目は断然スマート。他人に見られても恥ずかしくないデザインに仕上がっている。もしかして勝負下着に使えるかも。ありえるシチュエーションとしてはキャンプで女の子を口説くときとかな。

寝室が寒い家は、寝間着の下に着ればとっても暖かく眠れる。 ぼくは1月〜2月は就寝時のパジャマの下に一番厚手のアンダーを着ている。おかげで暖かくてぐっすり眠れる。ただし厚手は日中の日向で着るには暑すぎる。