チベット

今日はラサを出発。 進路を西にとる。朝の天気はどんより気味。 けれども1時間ほど走ったら空が青くなってきた。 今日の天気は、曇ったり晴れたりと ...

チベット

ラサの北方170kmにあるナムツォはチベットで2番目に大きい湖だ。それ以外にも 世界で1番標高が高いところにある湖世界で1番青い湖中国で2番目 ...

チベット

北京空港を出発。 黄砂なのかPM2.5なのかしらないが空が霞んでいる。 北京を朝9時半発。 成都経由でチベットのラサ空港に到着したのは午後4時 ...

チベット

ヤルツァンポ川沿いのロカ地方はチベットの発祥の地と言われている。チベット王国も、チベット仏教も、この地方から始まった。およそ2000年前の神話 ...

チベット

ラサから車で1時間ほど走れば、途方もなく大きな水面が見えてくる。 ヤルツァンポ川だ。 水源地から河口まで全長2,900kmもある。 北海道の宗 ...

チベット

もともと、サンスクリット語で「真理を悟った人」がブッダbuddha。 ブッダは本来は普通名詞で、特定の人のこと指す言葉ではなかった。しかし紀元 ...

チベット

ギャンツェは、ラサから西南へ約260km、標高3950mの町。 この町は適度な大きさで、チベットらしい家並みが美しく、中央チベットでは散歩する ...

チベット

ラサの周辺では、菜の花が満開だった。 ラサから車で西南へ2時間走ると、標高4794mのカンパラ(カンパ峠 Kamba-la)へ至る。ここは、か ...

チベット

時間がゆっくりとれないこともあって、昼食は、トゥクパで簡単に済ませることが多かった。 トゥクパはチベット蕎麦とも呼ばれている。 蕎麦と呼ばれて ...

チベット

チベットの僧侶は大きな儀式の前に、砂曼荼羅をつくることがある。 曼荼羅(マンダラ)とは、仏さまの世界を図案として表現したもの。 宇宙を表現して ...

チベット

ラサの北郊にあるセラ寺は、チベットで最も大きい寺院の一つ。 かつてチベットには、何千人もの僧侶を擁する仏教寺院がいくつもあったが、中国の侵略後 ...

チベット

チベットと言えばポタラ宮殿。 ポタラ宮殿と言えばダライラマ。 これほど壮麗な宮殿は世界広しといえども滅多にない。 もしかしたら織田信長の安土城 ...