実はコピペだった。昭和記念公園の満開のコスモスまつり

日本

東京は長雨で9月から曇天が続いていたが、今日は最高の秋晴れとなった。雲ひとつない青空を背景にして満開のコスモスの写真を撮るチャンスと、昭和記念公園へカメラを持って向かった。

01a

東京 立川の国立昭和記念公園はコスモスまつりの真っ最中。
パンフレットのコスモスの写真が旅情を誘う。

02

このパンフレットのような写真を撮りたいと、先月から楽しみにしていたのだ。晴天で満開でないとこうはいかないから10月中旬から下旬が最高のタイミングだ。

しかーし、来てみたら様子が違った。

03

花の数がパンフレットの写真よりかなり少ない。

上のパンフとほぼ同じ場所で撮影しているのに雰囲気が全然違うぞ。スカスカじゃん。周囲を歩く人も「花が少ないねー」とつぶやいている。もしかしたらコスモスはまだ満開ではないのだろうか? 

“満開のコスモス"は合成写真だった

係の人に聞いたら「今年は天候不順で開花が遅れています。来週ならより多くの花が開いているでしょう」という。それから彼はバツが悪そうに「でも、パンフレットの写真は合成なんです。お客さんからよくクレームがあるんですよ。ぜんぜん違うって」と続けた。

あらためてパンフレットをよく見たら、確かにこの写真は思いっきり修正がはいっている。ひとつのコスモスの花がコピペされて10倍に増えているではないか。

水色のマルはひとつの花からコピペされたものだった04

こんなにコピペされていたとは…

例にあげた水色のマル以外の花々も、コピペで数が何倍にも増やされている。こういうことをしていいのだろうか? このパンフレットを手にする人は、写真の風景を期待して昭和記念公園を訪れるはずだ。しかし、この風景を目で見ることは決してない。なぜならコピペだから。

これが旅行会社が作成したパンフレットだったら「写真はイメージです」とお断りを明記しなければ、配ることができないだろう。もっとも、旅行パンフレットの「写真はイメージです」とは「季節が違えばこの風景は見られません」という意味だが、昭和記念公園のパンフレットは「この風景はコピペですので決して見られません」だから、イメージというより捏造に近いかなあ。ブラックに近いグレーというか。

いや、ブラックだな。国営公園がこんなパンフを作ってはいかんよ。

実際には、国営昭和記念公園のコスモスはトータルで500万本もあって広々とした空間にきれいに咲いている。秋の季節を充分に楽しめる風景なのだから、妙なパンフレットに惑わされずに(?)訪れて楽しんでください。

スポンサーリンク