スマホを愛車のダッシュボードに設置するのに最適なホルダーをみつけたよ

スマホをカーナビとして使う3大メリットはこれ。

  • 地図が常に最新
  • 完全に無料
  • 液晶モニタが高精細だから意外に地図が見やすい

うれしいメリットだ。アプリの双璧はYahoo!カーナビとGoogleマップだが、使い勝手ではYahoo!のほうがよくできていると思う。ぼくはYahoo!の方を使っている。

P5730107

スマホをダッシュボードに設置するのに丁度いいアクセサリーをAmazonで探したが、安っぽいプラスチッキーな質感の車載ホルダーがほとんどだった。

エアコンの排出口に取りつけるホルダーが、目立たずスマートで人気が高いようなので購入候補にしたのだが、夏の冷房はともかく、冬の暖気が直接スマホに当たるのって感心しない。結局購入しなかった。

そして見つけたのがこれ。

スマホを磁石で固定する式のホルダー。小さい、自己主張をしないサイズで、値段が1400円程度なのに安っぽくもない。さっそくポチった。

まず、付属の両面テープをダッシュボードに貼る。

P5730015

液晶モニタが見やすくて、視界を遮らない位置を探したらここになった。

P5730018

次に、スマホに薄いメタルシートを貼りつける。
スマホに直接貼る度胸がなかったので、今回はカバーに貼った。

P5730117

4.8インチモニタのスマホなら確実に保持されて微動だにしない。AMAZONのレビューを読むと、スマホならこれより大きいサイズでもしっかりと保持されるようだ。タブレットは重すぎるのか外れてしまうようだけど。

P5730114

4.8インチモニタはカーナビとしては小さいのではないかと思ったが杞憂だった。スマホのモニタはたいがいのカーナビ専門機よりも液晶が高精細なので小さくても視認しやすいことと、Yahoo!カーナビの表示デザインが優れているため。ちょうどいいサイズではないか。

カーナビ案内中は液晶モニタが消えないように、バックライトの点灯を維持するアプリ「バックライトスイッチ」をインストールした。

それから音声ガイドがタイミングよく流れるから、画面表示をみなくても、音声案内に従っているだけで目的地に着けるからでもある。

もちろん、スマホを5.5インチの大画面のモデルにしたらなお便利だと思うが、4.8インチでも充分役に立つ。

カーナビは画面が横位置のほうが適しているかと思っていたが、スマホを縦位置に設置しても使い勝手に問題はなかった。これもYahoo!カーナビのスマホに特化した表示デザインの恩恵だろう。