ライカ 25mm/F1.4 で撮る インドの行者

撮影機材, ネパール

ライカ ズミルックス 25mm/F1.4は、最近の僕のお気に入りレンズのひとつ。

もちろん(?)、ライカの名を冠してパナソニックが発売しているマイクロフォーサーズ用レンズのこと。外観デザインはそれなりだけと、レンズ性能はとてもよい。

換算50mm/1.4なので、ポートレートによく使っている。

50mmレンズの画角は、バストアップ撮影の距離まで人物に近づくとパースがややきつくなり、そこに独特のリアル感がでてくる。もし若い女性を美しくまろやかに撮りたいなら85mmレンズあたりを使うのだが、インドの行者を撮るなら50mmの立体感がちょうどいい。

 撮影データ:Panasonic Lumix GX7
 ISO: 200
 絞り優先オート(絞り:F2、SS: 1/2500)
 顔認識AF(ただし顔を認識してなかった)

ようするにオートで気軽に撮っている。
RAW撮影してLightroom5.5で簡単に現像した。
シャープネスは標準に設定。

等倍に現像した写真の部分はこちら。

23_105259-6

インド人らしい肌の質感や、濃い髭、頭に巻いたターバンの布のややかすれた感じがよく出ている。気軽に撮ってこれだけ写るんだから素晴らしい。

2月はシバラトリ(シバ神が降臨する日で、2月の新月の前々夜)があり、インドの行者がネパールのシバ寺院に巡礼にやってくる。行者は托鉢をしながら遙々インドから歩いてくるのだ。

ポカラにいると町の方々で托鉢をしている行者の姿を見かける。

22_095740-2

ポートレート写真の行者は、イタリア料理店でジェラートを食べているときに外からお店を覗き込んできたから10ルピーのお布施をして、ついでに手にしていたGX7+25mm/1.4でパパッと撮影した。

ぼくは、行者に出会ったら敬意を込めてお布施を10ルピー程度渡すことにしている。彼らはほとんど身ひとつで(上の写真の出で立ちで)、徒歩ではるばる旅をしているんだよ。余計なモノを持たずに。あれは理想の旅の姿だな。

ぼくもそうありたいのだが、ついカメラとレンズはたくさん持ってきてしまう。本当は、カメラ2台に28mmレンズと50mmレンズ(35mm換算)を着けて、それだけで身軽に撮影旅行が出来たらいいな。

スポンサーリンク