【ネパール到着】オンライン申請したビザが無事に発給されるの巻

ネパール

いよいよネパールに到着です。

「ヒマラヤの国」ではありますが、あいにく微妙に雲が出て雪山はほとんど見えませんでした。この写真はカトマンドゥに到着直前の景色です。ネパール人にとって標高4000m以下は山ではなく「丘」なので、今見ている大山脈はぜんぶ「丘」です。

P1120763 jpg

ネパールでは、山とはヒマラヤのことをいいます。

着陸前に、タイ航空のスッチーがネパールの手書きのビザ申請用紙を配っていました。あれあれ? 手書きで申請してもいいのかな?

DSC02243

せっかくオンライン申請をしたのに、今更こんなものを手渡されたら調子が狂うな…

ネパール入国の流れ

タイ航空はオンタイムでカトマンドゥのトリブヴァン国際空港に着陸しました。

DSC02249

トリブヴァン国際空港に着陸したタイ航空機は、前部ドアからだけでなく、後部ドアからも降機できます。後方の席に乗れば、いちばん最初に飛行機から降りることが出来ますよ。

ターミナルビルに入り、アライバルホールへと進みます。

DSC02256 jpg

入るとすぐに、ディスエンバケーションカード(入国カード)を書く台があります。

DSC02260

ここで入国カードに必要事項を記入します。タイ航空のスッチーも、どうせ配るなら入国カードを配ってほしかったなあ。配る時と配らない時があるんだけど、単に在庫の問題みたい。

DSC02266 jpg

ビザのオンライン申請は空港でもできる

入国カード記入台の次は、ビザのオンライン申請機が窓際に並んでいます。事前に申請をしていない人はここで申請します。

DSC02294 jpg

よく勘違いされるのですが、これもオンライン申請です。

自宅でパソコンに向かってするのと同じことをここでします。ほとんどのツーリストはマシンの操作方法が分からないため、アテンダントが優しく操作方法を教えてくれます。ただしアテンダントは少なかったりいなかったりするので、あてに出来ないこともあります。

DSC02309 jpg

ぼくは、入国関係の列にいくつも並んで時間を使うのはもったいないと思っているので、旅行出発前に自分のMacでオンライン申請を済ませました。ここは素通りです。

ビザ料金を支払う

ビザ料金は、ラストラ銀行のカウンターで銀行員に支払います。

  1. 15日–25USドル
  2. 30日–40USドル
  3. 90日–100USドル

あらかじめ、お釣りがないようにUSドルの現金を用意しておくのがスマートですね。クレジットカードでの支払いもできますが3パーセントの手数料が上乗せされます。

DSC02285 jpg

この日は3人の係員がいて、ぼくは中央の列に着いたのですが、係員が携帯電話でおしゃべりをしながらの作業なので、他の列より進み方が遅かった。

領収証を2枚渡されます。黄色いのは自分用の領収証。Immigration Copyと書かれた領収証(30日は緑色、15日は白色)は入国管理官に渡します。

DSC02302 jpg

ビザの日数は、入国日から、出国日の前日までを数えます。
例えば4月1日に入国して、4月16日の飛行機で出国するなら、15日間–25USドルのビザを取得します。

イミグレのビザオンアライバルのカウンターも空いていました。いつもこんなに空いている訳ではなく、到着時刻によっては激混みしてます。

DSC02318 jpg
イミグレの係官に渡すのは次の4点です。

  1. 自宅でプリントしたビザ申請用紙
  2. 今書いた入国カード
  3. パスポート
  4. Immigration Copyと書かれた領収証

渡したら、すぐにパスポートにビザを貼ってくださいました。

手書き書類は廃止されてはいなかった

ちょうどいい機会なので、先ほど渡された手書きのビザ申請用紙を係官に見せて、「タイ航空のスッチーがこれを配っているんですが、今もこの用紙で申請してもよろしいのでしょうか」と聞いてみました。

答えは「オンライン申請でもこの用紙でも、どちらでもビザは発給されます。ただしオンライン申請がベストなので、オンライン申請してください」「ときどき、申請機が壊れて操作できないことがあるので、その時は手書きで申請してください」というものでした。

どうやら手書き申請でもいいみたいだけど、できればオンライン申請してほしいようです。せっかく予算をかけて電子申請システムを導入したのですから無理もないですね。

オンライン申請は簡単だし、コツさえ掴めば手書き申請より早いから、オンライン申請をするのがいいでしょうね。

なお、手書きビザ申請用紙はこちらからダウンロードできます。

ビザが発給されたら

せっかくビザの発給が早く終わっても、預け荷物がレーンに出てくるのにものすごく時間を要します。この遅さはなかなかスゴイです。それからここの混雑ぶりもスゴイ。

DSC02338 jpg

混沌としてますねー。

なお、税関の申告用紙は廃止されました。預け荷物をピックアップしたら、そのままグリーンチャンネル(非課税)を通って外へ出ましょう。

おわり。

【ネパールではSIMカードは無料】はこちら