Nikon D5100 購入

撮影機材

再来週から中国のタクラマカン沙漠へ行く。
持参するカメラはD7000を2台。
レンズはDX12-24/f4、24-120/f4 VR、70-300/4.5-5.6 VRの3本。
それから、新しいカメラを購入した。

Nikon D5100だ。

ローアングルやハイアングルの撮影をするのに、リトラクタブルな液晶モニタがあると便利かと思って、先週からカメラ屋さんに通っていろいろ物色していた。選択基準は、リトラクタブルモニタであること、小型軽量であること、そしてA3に伸ばせる画質であることの3つだ。
条件をすべて兼ねると思われる、パナソニックGH2を第一候補にしていたのだが、生憎と生産終了で在庫払底していた。もうすぐパナソニック初のプロ向けカメラ(GH3という名称らしい)が発売されるからだそうだ。タイミングがあわなかった。
オリンパスは、マイクロフォーサーズにはリトラクタブルモニタのボディーがないから、残念ながら選択肢から外れた。

キヤノンは、Kiss X5とKiss X6iという2機種があった。
これもちょうど新旧交代期らしく、X5はバカ安、X6iはやや割高な価格設定だった。
どちらも持ってみるとバランスがなかなかよい。グリップが小さすぎないから、持ちやすい。見た目のデザインもよくまとまっている。特にX6iは普段のスナップ用としてはかなり優れたカメラだ。
しかし、これを買うとレンズも買わなければならない。広角側はフルサイズ換算で24mmから始まるズームレンズがどうしても必要なのだが、EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USMは10万円近い。そして、ニコンならDX16-85/3.5-5.6VRを持っている。

で、何日か悩んで結局、ニコン D5100を買うことにした。
理由は、手持ちのDX16-85/3.5-5.6VRが使えること、撮像素子がD7000と同一品なので高画質だし高感度に強いこと、ライブビューのスイッチが大きくて使いやすい、といったところ。

レンズのDX18-55/f3.5-5.6VRは全く必要ではないが、なぜかボディ単体よりもレンズセットの方が安価だったのでこちらを買った。

スポンサーリンク