【発端】写真の無断使用を発見! しかし問い合わせたら無視された

著作権侵害対策

思わぬところで自分の写真をみつけた。その驚きは大きかった。

2a

ある、スペイン専門の旅行代理店が、自社のウェブサイトにぼくが撮った写真を載せていた。写真の使用について問い合わせを受けた覚えはない。下がその画面キャプチャー。当ブログからの無断転載だ。

11aaa

見つけたのは先週金曜日。すぐに同社サイトのお問い合わせのページから「著作権上問題があるので連絡を下さい」とソフトに書いて送った。すぐに「後ほど担当からご連絡差し上げます」という自動返信メールが来た。ちゃんとした会社のようだ。

けれどもその後、一向に電話でもメールでも連絡が来ない。
連絡はないが、今週水曜日には当該ページは削除され、トップページからのリンクボタンも削除された。自社に非があることは認識しているようだ。

親会社は岡山県岡山市の建設会社だった

この旅行会社をA社と呼ぼう。A社とは一体どんな会社なのだろう。
同社のウェブページによればスペイン旅行を手がける旅行会社で、岡山県岡山市の株式会社B社という土木建築会社の100%子会社であった。

A社の本店はスペインに、オフィスは東京の五反田にある。しかしA社とB社の社長が同一人物であることから事実上の本店は岡山県にあるようだ。

会社の評判や評価については調べていないが「A社」の名前で法務省に登記された会社は国内にないことから「株式会社」はそう名乗っているだけなのかもしれない。これは会社法違反ではないか。

なぜなら日本国内で法人登記されていないものが株式会社を名乗ることは会社法で禁止されている。またA社の東京オフィスは「支社」でも「支店」でもなく「オフィス」だから単なる屋号である。

もうひとつ。旅行会社が日本国内で海外旅行業務をおこなうには観光庁長官の登録証が必要だ。しかし国土交通省に確認したところ、A社はこれを取得していない。そして旅行業法で定められる供託金も納めていないというから万一事故がおきたときの補償が心配になる。

このような旅行会社を営んでいる株式会社B社は、太陽光発電に力を入れて住宅建築も手がける資本金4000万円の建設会社ということだが、本業もこんな調子でやっているんだろうか。

職人の創作活動を軽視する会社のようだ

著作権というものは一般に軽く見られていて、こうして写真を気軽に無断転載されてしまうことがよくある。しかし、ぼくはこの写真を撮るためにわざわざスケジュールを調整してセビーリャを訪れたのだし、祭りの期間だから宿泊費も通常の何倍も支払い、経費もバッチリかかっている。気軽に無断転載する人たちはそこまで考えておらず、観光旅行のついでにパチパチ撮ってきた写真だという程度の認識なのだろう。

しかし、A社は旅行代理店なのだから、旅行を仕事とするぼくらの立場も考えてほしいものだ。

実は、著作権侵害は民事ではなく刑事事件であり、警察に被害届をだせば逮捕されることもありうる。その上著作権法119条には「十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。」と怖ろしいことが書いてある。併科だよ。窃盗罪に相当する、かなり重い事件なのである。

B社の社員が盗んだもの

で、ぼくのブログから小さな写真をコピーしたこの一件は、中学生がコンビニでお菓子を万引きをした程度の事件だろうか。

ポイントは、この会社は広告の客寄せツールとして写真を使ったこと。ということは例えば、B社の社員が客に配る販売促進物品をスーパーから盗んできたのと同じことだ。タダで仕入れて、いくばくかの利益を得ている。文字通り「盗用」だ。

6

「後ほど担当からご連絡差し上げます」というメールを受けとってからすでに一週間経つが、A社(B社)からは何の連絡もこない。さて、どうしたものだろうか?

社長と電話で直接話したが….

その後、B社社長宛に内容証明郵便を送ったがそれも無視された。

いったいどういう会社なんだろうか。B社は。

あきれた会社だ。仕方がないのでこちらから電話をしてB社社長と直接電話で話をした。すると社長は無断使用も著作権侵害も認めないどころか「私は忙しいんですよ」「有賀さんが当社を中傷するなら名誉毀損で訴訟する準備があります。それでもいいんですか」などと世迷いごとを並べるので話にならない

。著作権なんか知ったことではないという態度だ。「訴訟しますよ」といえばビビってあきらめるとでも考えているらしい。誠実さのない社長であることが残念だった。

仕方がないので、こちらから裁判所に提訴した。この会社は面白すぎる。

つづきはこちら