MacBookPro の裏蓋の閉め方

画像ソフトとMac

先月、MacBookPro を買って、HDDをSSDに換装し、メモリを16GBにした。

作業が終わって裏ぶたを閉める際、ネジを元の通りにきっちりと締めたつもりなんだけど、裏蓋と表蓋のかみあわせが微妙にずれている。がたついてる程ではなくて、ほんの少しだけ、見ても分からない程度にずれているのだ。

見ても分からないくらいだから使用にはまったく問題ないのだが、なんとなくすわりが悪くて気になっていた。蓋が僅かであっても閉まらないのでは気持ちも引き締まらない。そこへ、ちょうど修理のエキスパートと話す機会があったからこれについて訊いてみた。

彼曰く、ネジには締める順番がある。

一般的には対角線に合わせて締めていくのがよいとされているが、ただ単純にそうするのではなく、上から下へ、左から右へ、という流れがあるのだそうだ。Appleが規定する順番は写真に記したとおり。

Appleのサイトに裏蓋の開け方は説明されているが、閉め方は書いてはいなかった。

換装後もAppleの製品保証は適用される

世間では、裏蓋を開けたらそれだけで一年間の製品保証がなくなるといわれている。

それは単なる都市伝説だ。裏蓋を開けてHDDを交換したぐらいで一年間の製品保証がなくなることはない。そう断言できるのはAppleに確認をとったから。それにAppleのWebサイトで開け方を解説しているのだから、それで保障が切れるわけがない。

自分で交換する人はAppleのWebサイトを参考にしてください(もちろん、交換したHDDやメモリの不調に起因する本体の不具合までは保証してくれません)。

順番通りにねじを締め直したら、裏蓋と表蓋がぴったりと合わさった。これで気持ちよく眠れる。お休みなさい。

<追記> この話はMacBook Proのことで、MacBook Pro Retinaのことではありません。