サグラダファミリア夜のライトアップ時間【2019年間スケジュール】

スペイン

バルセロナの絶景サグラダファミリアを120%楽しみたいなら、ライトアップの時間にぜひ訪れてみよう。

スペインの夏は21時でもまだ明るい。

サグラダファミリアのライトアップ写真を撮るために現地に着いたのは21時25分頃。ぼくは三脚を立て、一眼レフカメラをつけてじっくりと開始時刻を待った。

こうして三脚を構えていると、この人はライトアップ開始時刻を知っている人だと思われるらしく、その辺の外国人ツーリストが近寄ってきて「May I ask you? What time does light up start? 」とか訊かれる。外国人ばかりでなくスペイン人のお爺さんがやってきて「アケオラ?」とか訊かれたり。

いつの間にか周囲は真っ暗になっている。21時50分になったら、日本人の女子2名がやってきてベンチに腰掛けた。どうやら日本人は何時にライトアップされるか調べてくるみたいだね。さすが。7月は22時にライトアップが始まるのだ。

時計が22時を2分過ぎたところで、パチン!とイルミネーションが灯され、待っていた人々の歓声があがった。

サグラダ ファミリアの夜景とライトアップ2

ライトアップ 年間スケジュール

  1. 月 18.30-22.00
  2. 月 19.00-23.00
  3. 月 19.30-23.00 (最終週は夏時間で4月の時間)
  4. 月 21.00-24.00
  5. 月 21.30-24.00
  6. 月 22.00-24.00
  7. 月 22.00-24.00
  8. 月 21.30-24.00
  9. 月 21.00-24.00
  10. 月 20.00-23.00 (最終週は冬時間で11月の時間)
  11. 月 18.30-22.00
  12. 月 18.00-22.00

上記のスケジュールはサグラダ ファミリアのオフィシャルサイトから引用しました。しかし、そこには3月の最終週から夏時間に、10月の最終週から冬時間に切り替わることが書かれていません。オフィシャルサイトにもかかわらずこういうところがルーズでスペインっぽいです。

2013年にこの記事をアップしたときは、サグラダファミリアのライトアップが夏時間に切りかわる日にちにまで記載しているのはあまたある日本語のウエブサイトでも唯一当ブログがあるだけでした。が、その後はいくつかのサイトでも「3月の最終週から4月の時間になる」と記されるようになりました。ブロガーの皆さんが当ブログを参考にしてくださっているのだと責任を感じます。

最後に、時々何らかの事情でライトアップされないこともあるけど、スペインでは予告もなしにそういうことがよくあるから、せっかく夜に行ったのに真っ暗だったとしても「これもスペイン」だと受けとめて、ガッカリしないでね。

カタルーニャ広場始発の19番のバスで直行できる

カタルーニャ広場のエルコルテイングレス裏側が始発のバス19番が、サグラダファミリア近くを通る。平日は21:40まで10分間隔発、22:40まで15分間隔発。日曜は21:10まで約20分間隔発、22:40まで30分間隔発。

サグラダ ファミリアへの行き方

往路 プラサ ド ウルキナオナの北側から始発でバス19番に乗ったら、バレンシア通りのValencia-Lepant停留所下車でサグラダファミリアへ。時刻表はこちら

復路 帰りは、サグラダファミリア前ガウディ公園のマヨルカ通りのバス停 Mallorca-Marinaから乗れば終点がエルコルテイングレス裏側。時刻表はこちら

バス19番の路線図と停留所の位置はこちらの地図にあります。拡大して参照下さい。

あと10年で完成するサグラダファミリア

10年ほど前まで、サグラダファミリアは「未完の大建築物」と言われていた。 この教会の建築主はサンホセ信仰協会というマイナーな団体で、建築費はご信者さんから集めた寄付金ばかりであるから、工事はなかなか進まなかった。ガウディが設計して以来、石材をひとつひとつ積み上げていく伝統的な工法をとっていたので、完成までに200年とも300年以上かかると言われていた。

サグラダ ファミリアの西側

それが、21世紀に入るころに工法が変わりコンクリートが使われ始めた。世界的に有名な建築物となったこともあって観光客が押し寄せ、潤沢な入場料収入を得て建築費の心配もなくなった。

そのため、急ピッチで建築が進んでいる。現代的工法を導入したことにより工期はなんと10分の1以下に短縮され、完成は2026年の予定となった。わずか10年後だ。生きて完成した姿を拝めることはないと思っていたのに、確実に見られることになって、少々複雑な気分である。

なぜなら、石造りの建築なら千年でも二千年でも風雪に堪えるが、コンクリートの建築はそうはいかない。現代のコンクリートは寿命100年ともいわれている。予想よりも200 年早く完成したはいいが、200年後までその姿を保ち続けられるのか、心配になってしまう。

サグラダ ファミリアが一番幻想的に見える時刻

ライトアップの写真というと「夜景写真」のカテゴリーに入ると考えられがちだが、空の色が真暗に落ちると写真に奥行きが感じられなくなり、面白みが半減する。ぼくはサグラダ ファミリアの幻想的な佇まいの写真を撮りたいので、夜景写真といえども空に明るさが残る時間に撮るようにしている。だから夜景というよりも夕景といえるかもしれない。

サグラダ ファミリアのライトアップ直前

それから、サグラダ ファミリアのライトアップの照明は強すぎる。教会が「夜空に浮かび上がる」というよりも「燦然と輝く」感じで、色気がない。ぼくはもう少し、しっとりとした写真を撮りたい。

雰囲気のある夕景写真を撮るベストなタイミングは、実はライトアップが始まる直前だ。上の写真は、夜9時59分18秒にシャッターを切った。

サグラダ ファミリアは周囲の店舗などの照明を受けてうっすらと浮かび上がっている。まだ明るさの残る空とのバランスがいい。もちろん三脚は必須。さすがに地明かりだけではディティールがよく見えないから、色温度と濃度を若干調整して写真を完成させた。ぼくは、実際にライトアップが始まる前の時間が一番好きだ。

ブログ内関連記事

スポンサーリンク