パエリアの本場で、地元の人おすすめのパエリアを食べに行ってきたよ

スペイン料理といえばまず思い浮かぶのがパエリア。サフラン色のご飯の上にたっぶり載せられた魚介類がたまらなく食欲を誘う。

パエリアの本場は地中海に面したバレンシア州。スペインでパエリアを食べるなら、やはり本場の味を楽しみたい。というわけで、州都バレンシアの中心にある有名地中海料理店ナバーロ Navarro にやってきた。

11 133723 Edit

昼の営業は午後1時30分から。 ぴったりの時刻に着いたにもかかわらず、開店前から並んでいた客がたくさんいてすでにほぼ満席状態だった。スペインで行列ができる店があるとは思わなかった。もちろん並んでいたのはスペイン人ではなく外国人観光客。スペイン人はこんなに早く店に来ない。 ちなみに、上の写真で空いている席には予約が入っている。スペイン人が食事にやってくるのは2時半ごろ。

なんとか店の人が席を作ってくれたので、ぼくも店に入ることができた。ぼくでちょうど満席になり、その後にきた中国人客は入店を断られていた。中国人は店のなかで自撮りして帰っていった。

11 134617

客の要望をきいて、メニューの案内をしている。 パエリアは、注文してからでてくるまでに30分ほどかかる。お米を炊くのにそれだけの時間がかかるから。前菜のサラダを食べながらのんびり待っていよう。

11 141225B

できたてのパエリアを笑顔の素敵なカマレラが運んできてくれた。「写真を撮ってもいいですか」と訊いたら「撮りたいのはあたし? それともパエリア?」とにこやかにポーズをとってくれた。 頼んだのは日本人に人気の海鮮パエリアpaella de marisco。

11 141322

プログラム露出・ISOオートで撮影したんだけど、後からEXIFをみたらISO3600になっていた。しまった。うっかりマイクロフォーサーズの苦手な高感度撮影をしちまったぜ。なんか写真の質感がボソボソしてんな。WEBにアップするだけなら誰も気にしないかもしんないけど。

今日はこの店にフツーの客として来ているから、写真はテーブルについたまま露出も感度もカメラまかせのプログラム撮影をしているのだ。

本当は、この店にきたならバレンシア風パエリアを注文したい。本場中の本場のパエリア Paella Valenciana だから。鶏肉・ウサギ肉・いんげん豆がたっぷりと入ったのがバレンシア風。 でも、日本人ならやっぱり海鮮パエリアを食べたいよね。あー、おいしかった。

スポンサーリンク
Sponsored Links

シェアする

フォローする