スペインの教会に描かれる高山右近のモザイク壁画

スペイン

フランシスコ ザビエルにアジア行きを吹き込んだイグナチオ ロヨラは、その後バルセロナ近郊マンレザの断崖にある洞窟に籠もって瞑想をした。その洞窟の上に現在は聖イグナチオ洞窟教会 Cova de Sant Ignasi が建っている。

11_112518

東京四ッ谷にある聖イグナチオ教会の大本のような存在か。イグナチオの人となりとその瞑想の意義については、上智大学のウェブサイトに簡潔に説明してある。あるいは岩波文庫にも著作がある。イグナチオの瞑想は「霊操」といい、上智大学建学の基本理念になっているそうだ。

なお、マンレザはカタルーニャ語読み。スペイン語ではマンレサという。

この教会へはるばる歩いて巡礼に来る人もいるらしい。
礼拝堂には水色の衣装をまとったマリア像が安置してある。

m04

左側廊から奧へ進むと、奧にイグナチオが籠もって瞑想をしていた洞窟が保存されている。

m06

洞窟への通路はさまざまな装飾がなされているが、注目すべきは右上のモザイク画だ。そこには戦国時代にキリシタン大名だった高山右近が描かれている。右から3人目が右近殿。

m8

JUSTO UCANDONOと書かれている。フストは高山右近の洗礼名(スペイン語だからフストと発音する)。言葉の意味は英語のjustと同じく正義・公正・公平をあらわしている。

m9

右近殿は日本のサムライらしく刀を差し草履を履いているが、それ以外の服が何をイメージしているのか分かりにくいのが少々残念。

高槻の領主であった高山右近は、イグナチオの霊操を2度行っていたそうだ。イグナチオと右近は生きた時代が僅かながら重なっており、右近はイグナチオの遠方の弟子だったといえる。没後400年が過ぎた本年(2015年)になって、ローマ教皇庁において福人に列せられることがほぼ決まったらしい。

聖イグナチオ洞窟教会は歴史上なんども増改築が繰り返されており、この部分の装飾は20世紀になってから作られたもの。

ここがイグナチオが瞑想をした洞窟。
1522年には斜面にこの洞窟があいているだけった。

m16

採光窓から外の光が入っている。
椅子が置いてあったので、座って少しのあいだ瞑想をした。
ここは空気が澄んでいる。ヨガをしたら気持ちがいいだろう。

m55

増築を繰り返された聖イグナチオ洞窟教会。
手前の橋はローマ時代からある橋で、現在も人の往来に使われている。
イグナチオが瞑想した洞窟は、町の外ではあるが街道に近いところにあったことが分かる。

マンレザ郊外から見たモンセラット。
モンセラットとマンレザはカタルーニャの精神的中心地だ。

m66

北側からみるとモンセラット(のこぎり山)はその名にふさわしい切り立った形をしている。

スポンサーリンク