【カルドナのパラドール】丘の上の古城ホテルに泊まる

スペイン

バルセロナから北西へ約90km、古城ホテルがあるカルドナへ行った。

丘の上にそそり立つカルドナ城は、中世にはイスラム圏とキリスト教圏の国境にあったため攻防戦の舞台となったが無敵の城だった。その後もスペインやフランスとの戦乱の時代にもカルドナ城は一度も落城したことがないそうだ。

その名城も、現在は古城ホテル(パラドール)として人気を集めている。

カルドナへの行き方は、外国人ツーリストならバルセロナの北バスターミナル発の直行バスで行く人が多い。平日は1日5便あり11時発と15時発の便が便利。所要約2時間。

カルドナのバス停で降車したら、進行方向へ50m歩いた左手に観光案内所がある。ここから丘を登ればパラドールのレセプションまで10分ほど。途中、何度か城の門をくぐり、登城気分を盛り上げてくれる。パラドールへは他に車道も整備されているが歩くには回り道だ。

城の門から今上ってきた道を振り返る。

カルドナのパラドールへの道

城の中心にはロマネスク様式の教会があり、美術的にも重要だ。カルモナ城は宿泊施設を除いて一般公開されており、車で立ち寄るツーリストも多い。

カルドナのパラドールの入口

パラドールのカフェで一休み。

1カルドナのパラドールのバル

レストランは、中庭の小さな扉から入る。
中世の雰囲気をたっぷり味わえる。

夜のカルドナのパラドール

ランチもディナーもメヌ デル ディア(定食コース)だ。ディナーはたっぷり2時間近くかける。

カルドナのパラドールのレストラン

ランチは19ユーロ(飲み物と税は別)だからこの雰囲気で食事が出来ればオトクだろう。ぼくはディナーをここでとるつもりだったから、ランチは旧市街のレストランに入ったけどね。昼夜ともにパラドールで食べたら量が多すぎる。
ディナーは28ユーロ(飲み物と税は別)だったからこっちもオトクかな。カマレラがすごく美人でさすがレベルが高い(?)と料理よりも感心した。

カルドナ城は、古城ホテルとしてはなかなか楽しめるパラドールだった。旧市街には特筆すべきものはないが、町から徒歩10分程度の距離に塩山があり、塩の坑道が深く掘られている。鍾乳洞のように見応えがあるようだ。

カルドナへの行き方

バルセロナからの直行バス

バルセロナの北バスターミナルからカルドナへの直行バスをALSA社が運行している。所要約2時間。切符はALSAの自動販売機で買える。

平日は1日5便あるから利用しやすいが、土日は2便しかなく往復共に時刻が不便。

バスの時刻表は北バスターミナルのサイトで見られる。

モンセラットと組み合わせることもできる

このバスは往復共に途中マンレザにあるカタルーニャ鉄道Manresa-Alta駅前に停車する。ここで鉄道に乗りかえて、あるいは鉄道から乗りかえてモンセラット訪問と組み合わせてもいいね。マンレサ〜モンセラット〜バルセロナはカタルーニャ鉄道が30分おき程度走っている。

なお、マンレザはカタルーニャ語読み。スペイン語ではマンレサという。

マンレザには、壁画に戦国大名の高山右近が描かれている聖イグナチオ洞窟教会がある。ついでに見学にいってもいいだろう。
スペインの教会に描かれる高山右近のモザイク壁画

土日祝のタクシー料金は平日の1.5倍増し

土日のカルドナ発バルセロナ行きバスは8時発と17時発の2便。時間的に不便だからマンレサまでタクシーを利用する人がほとんど。カルドナ〜マンレサのタクシー料金は平日は片道40ユーロ程度、土日祝は片道60ユーロ(2015年夏現在)。土日祝は料金が跳ね上がるから注意。

カルドナへの旅行は往復共に平日にバスを利用するのが経済的だ。週末ならバルセロナからレンタカーを利用してもいいかもしれない。

スポンサーリンク