スペイン バスクからフランス バスクへ、鉄道に乗れば30分の距離

スペイン

ここはサンセバスチャンにあるエウスコトレン(バスク鉄道)のアマラ駅。地元の人たちの通勤通学の足として使われている鉄道で、自動改札がずらりと並んでいる。

サンセバスティアンからアンダイエへ

アマラ駅から列車に乗ると、国境を越えてフランスのアンダイエ(スペイン語でエンダイヤ)駅にたったの30分で到着する。バスク鉄道がフランス側に乗りいれているのだ。

列車は30分毎発。昨日訪れた、フランス王とスペイン王女が結婚式を挙げた町オンダリビア近くのイルン駅を通り、国境の川を越えたところでスピードを落として小さなアンダイエ駅のホームに滑り込んだ。

02_112312

2つのアンダイエ駅間の移動は徒歩30秒

左の青い箱みたいなのがバスク鉄道のアンダイエ駅。
右の立派な石造りの建物がフランス国鉄のアンダイエ駅。

バスク鉄道の駅はフランス国鉄駅の敷地に間借りしている。ふたつの駅舎は距離にして20mも離れていないから乗換は簡単だ。

02_112805

フランス国鉄のアンダイエ駅はTGVも停まる大きな駅。いよいよフランスに着いたのだ。野暮ったいスペインから来ると何もかもがお洒落に見える(気のせいかもしれない)。

02_112841

アンダイエ駅と国境 Gare de Hendaye

駅の正面にあるカフェの店名はCasa José(カサ ホセ)。店に入ったら無愛想な店員が注文を取りにきた。名前も店員の態度もスペインっぽいアンダイエであった。

02_112912

フランスに来たといっても、オープンボーダーのEUだから国境は自由に往来できる。パスポート検査もない。それに、この地域はもともと「バスク」というクニがあり、どちらにも同じバスク人が住んでいる。スペインとフランスの都合で勝手にバスク国のまんなかに国境線を引かれてしまったが、地元の人には不本意なことだろう。

アンダイエ駅からTER(快速列車)に乗って12分、港町のサン ジャン ドゥ リュズに着く。バスなら30分ほど。

バスで行くこともできたのだが

実は、サンセバスティアンからサン ジャン ドゥ リュズへは道路距離で33kmしかない。直行バスに乗れば50分で着いてしまう。しかし旅には情緒がほしい。途中のオンダリビアや他の町に行くこともできる。というわけで鉄道でアンダイエで乗換えて行くことになった。

スペイン-フランス国境とオンダリビア空港国境を空撮。手前がスペインで中央にオンダリビア空港が見える。入江の奧がフランス。

サン ジャン ド リュズに到着

サン ジャン ドゥ リュズは港に沿って古い街並みがある。
一番右の建物は、1660年6月に挙式前のスペイン王女マリア テレサが宿泊した屋敷だ。

02_112913

こちらは、挙式前のフランス国王ルイ14世が宿泊した建物。
現在は一階がカフェになっている。

02_112914

ルイ14世とテレサは、1660年6月9日にこの町にあるサン ジャン バティスト教会で結婚式を挙げた。大国の王と王妃の結婚式だけあって、騎士が居並び、公爵を始め貴族が参列する、盛大なものだったそうだ。

こちらがサン ジャン バティスト教会。

02_133244

キリスト像に祈る人々。

02_133245

ルイ14世とテレサは結婚式を2回挙げたのだ

ところで、昨日のブログ記事で、ルイ14世とテレサは、1660年6月3日にオンダリビアの教会で結婚式を挙げたと書いたのに、今日の記事では1660年6月9日にサン ジャン ド リュズの教会で結婚式を挙げたと書いていることを疑問に思ったかもしれない。

史実として、結婚式はスペイン側とフランス側の両方で行われているのだ。

現代の日本でも、新郎と新婦の出身地でそれぞれ披露宴をすることがある。規模は違えど同じようなことをしているのだ。ただしフランス国王はフランス領を離れることが出来ない決まりなので、オンダリビアでの結婚式は新郎の代理が出席している。

サン ジャン ド リュズの街並みは、バスクらしいカラフルな窓枠が特徴。

02_133246

商店街には定番の白い服を売る店もあった。古き良き20世紀のような店だ。落ち着いたリゾート地ならでは。

02_145002

ガトーバスク(バスクケーキ)はこの地方の定番スイーツ。マカロンもこの地方のお菓子が原型なのだ。カフェと一緒に味わってみたい。

02_145005

夏の海岸は大変な混雑。
海辺の建物はどれもホテルかアパルトメント。

03_190410

ちょうど、熱波が到来しているから、水がきもちいい。

03_191302

港の向こうに、ラ リューヌ山が聳える。

03_192726

ラ リューヌ山はピレネー山脈の最初のピークで、標高905m。古くはバスク人の聖なる山として頂上で祭事を行われたという。現代では、フランスとスペインの国境線が山の頂上にひかれている。あの向こうはスペインなのだなあ。

Sponsored Links


サンセバスティアンからサンジャン ド リュズへ鉄道移動

サンセバスティアンのバスク語名はドノスティア Donostia。地図にサンセバスティアンと表記されていないことが少なくない。ドノスティアは必ず覚えておこう。

バスク鉄道でアンダイエへ

アマラ駅からエンダイヤ駅へは、平日は6:30〜22:30まで30分間隔で発車。切符は片道2.65€。

バスク鉄道アマラ駅時刻表・クリックで拡大

バスク鉄道アマラ駅時刻表

フランス鉄道アンダイエ駅からサンジャンドリュズ駅へは乗車時間14分ほど。しかし便数が少ないから時刻表をよく確認すること。下の地図内のその他のオプションをクリックするとアンダイエ駅を間近発の時刻表が表示される。

なお時刻表内のすぐに出発をクリックすれば出発日時の変更ができる。

なお、サンセバスティアンからイルンへはバスク鉄道以外にスペイン国鉄で行くこともできる。スペインのイルン駅からフランスのアンダイエ駅へは徒歩30分ほど。国鉄は近距離列車セルカニアスのほかに、マドリードからイルンへの長距離列車もある。

サンセバスティアンからサンジャンドリュズへの直行バス

サンセバスティアンからサンジャンドリュズへは直行バスがある。乗車時刻は40分ほど。高速道路でいつのまにか国境を越えるから鉄道のような情緒はぜんぜんないが簡単。

 バスは国鉄駅近くのバスステーション Estación de Autobuses de San Sebastianから出発。下の地図内のその他のオプションをクリックすると間近発の時刻表が表示される。なお、時刻表内のすぐに出発をクリックすれば出発日時を変更できる。

サンジャン ド リュズに着いたら、ぜひバスクの聖なる山ラ リューヌ山へ足を伸ばしてみたいね。

ブログ内関連記事

スポンサーリンク