全長38kmの湾跨海大橋を渡る 車はひたすら橋の上を走る

中国

羽田から上海へは3時間ほどで着く。
降り立ったのは虹橋空港。

現在の浦東空港が開港する前の空港で、ターミナルビルは狭くて古い。そのため、飛行機を降りてから、イミグレ、税関、手荷物受け取りなどの手続きが数十メートル間隔でできるから、すぐに入国して、迎えの車に乗ることが出来た。

これが浦東空港だと延々歩いて移動したり、とにかく時間がかかる。
羽田発の便は虹橋空港に到着するのだそうだ。

これから、上海へ行くときは羽田便に乗ることにしよう。
待っていてくれた自動車に乗って、一路南へ。

その名も湾跨海大橋という、全長38kmの橋を渡る。
東京湾アクアラインの上海版みたいなもの。渡りきると浙江省寧波へ。ここは、平安時代の昔から日本と中国を海路で結んでいた港町だ。

スポンサーリンク