RAW写真を大量現像すると高熱を発するMacBookProの放熱対策はこれだ

画像ソフトとMac

帰国して真っ先にすることは、写真のセレクト・微調整・現像だ。

MacBookProの内蔵SSDに撮影データは入っている。

現像ソフトのCapture Oneで現像中。

夏はCPUがものすごい熱を発する。音も大きい。エアコンをかけているけど、それでも壊れないかと不安になるほどの熱と音を発する。とにかくものすごい。

そこで、大量現像中はMacBookProを開いて立てることにした。
これで空冷式ノートとして、静粛に作業してくれる。

こんなに静かになるとはね。

スポンサーリンク