桜の原産地は、ヒマラヤの国ネパールだった

旅行情報, ネパール

ヒマラヤの国、ネパールの桜は秋に咲く。

ネパールの桜の花

11月にアンナプルナ ヒマラヤの麓の村々をトレッキングしていたら、農家の庭先に咲いている白い桜を見かけた。ネパールの桜は一旦咲くと、かなり長いこと咲いたままで、なかなか散らない。

桜の原産国はネパールだった

ところで、桜は日本の国花だが、原産地はどこの国なのだろう?

桜は、日本をはじめ温帯地域に自生する樹木で、ものすごく種類が多い。そして近年、日本、韓国、中国など、温帯の各国に自生する桜のDNAを解析して明らかになった事実は、桜の原産国はここネパールの山地だった。

ネパールは実は温帯の国だった

ネパールは、8000m峰を14座も擁すヒマラヤ山麓の国。高地には氷河や永久凍土があることから、ネパールは極寒の地だと思われている。

しかし実は、ネパールの国土の大部分は高地でも低地でもない、丘陵地帯だ。気候は主に温帯に属し、日本よりもやや暖かい。首都のカトマンドゥの平均気温は年間を通して東京をやや上回る。

下の写真はいかにも「ネパールらしい」風景。ヒマラヤ山脈を背景にして、民家の庭先にはバナナの木が生えている。温帯といっても亜熱帯に近い。なにしろネパールは奄美大島と同じ緯度にあるのだ。

ヒマラヤ山脈とネパールの村

桜の起源は、数千万年前にここネパールの丘陵地帯で生まれた山桜だった。

それがビルマの山岳地帯→中国雲南省→福建省→日本へと続く温帯ベルトを鳥に運ばれてきた。そして日本で人々にことさら愛され、国の花となった。

各地の桜の染色体を調べて、ネパールと日本の桜の染色体の数が同じで、近い種であることを発見したのは東京農業大学の染郷正孝博士。博士は研究のために幾度もネパールを訪れたそうだ。

桜が春に咲くのはどうして?

桜は、原産地のネパールでは秋に咲く。

しかし、ほとんどの日本の桜は春に咲く。日本人は「桜は春の花」だと思っている筈だ。もともとは秋の花だった桜が、なぜ日本では春に咲くようになったのだろうか。

DSC02565春の千鳥ヶ淵

これも研究によってあきらかにされている。

ネパールの丘陵地帯は、温帯といっても亜熱帯に近い。首都のカトマンドゥに雪は降らないが、カトマンドゥを囲む山々にはまれに積雪する。ぼくも周囲の山が真っ白になるのを街中から見たことがある。

このように、雪がぎりぎり降らない温暖な地域で生まれた桜が、日本に来て遭遇したのが想像を絶する(笑)厳冬。これを乗り切るために冬になると葉を落として基礎代謝を落とし冬眠することを覚えたのだ。そして、暖かくなってから花を咲かせるようになった。

生命の適応力はすごいね。日本にも「十月桜」や「寒桜」のように秋から冬にかけて咲く桜があるが、それらは祖先の姿を残している桜なのだ。

特筆したいのは、1968年に、ネパールのビレンドラ王子(後に国王)からヒマラヤザクラの種900粒が日本に送られたこと。その種から育った原木がいまも静岡県立熱海高等学校門前にあり、毎年11月に開花している。詳細は熱海市のサイトで

「桜の起源は韓国」説は誤りです

ところで、韓国の新聞は毎春、花見の季節になると「桜の起源は韓国」という記事を書いている。ソメイヨシノは韓国済州島に自生する種なのに日本の花だと誤解されているから、その誤解を解くために真実を世界に伝えていかないという記事が、ネットで日本にも配信されているのを毎春見かける。

もちろんこれはデタラメだ。桜という種はネパールが起源だし、現在250種ほどある日本の桜のうち最も愛されているソメイヨシノは、日本で園芸種として創り出された品種であることがDNAの解析から明らかになっている。

にもかかわらず、韓国の研究チームはDNAを解析して「日本のソメイヨシノの原産地は済州島の漢拏山である」と結論づけた。いったいどうなっているのだろうか。

理由は簡単で、韓国済州島に自生する王桜と、ソメイヨシノの外見が似ていることから、韓国人はこの2つを同一種だと勘違いしているのだ。済州島の王桜のDNAを解析して原産地は済州島と言っているのだから、当たり前のことだ。

似ているといってもソメイヨシノと王桜を並べてみれば花びらの形が違うからまったく別種であることは分かるし、学名も異なるのだけど、それが韓国人にはなぜか理解できないのだなあ。

それからサクラとソメイヨシノをも混同しているね。日本人がサクラというときはソメイヨシノのことを指すことが多いが、両者がイコールではないことは日本人なら知っている。が、韓国人はそれを分かっていない。

分からないというよりも、真実を分かりたくないのかもしれない。鑑定能力以前の問題でなにかの思い込みが強すぎる人たちのようだ。

19世紀以前に朝鮮で桜が愛でられた文化は無い

日本で桜が愛されるようになったのは平安時代初期に遡る。弘仁3年(812年)、桜が好きだった嵯峨天皇が桜の花見を初めてから、日本人の感性によほど合っていたのか、桜を楽しむ文化が一般化した。

平安以降の日本では、古今集など和歌や絵画、着物の柄などあらゆる分野で桜がモチーフになること枚挙にいとまが無い。太閤秀吉が何度も催した大きな花見宴は、大河ドラマで毎回描かれる定番シーンだ。

DSC02542

一方、朝鮮で桜の花見がされるようになったのは、20世紀前半の日本統治時代に日本からソメイヨシノが移植されて以降のこと。朝鮮人はそこではじめて桜の美しさに開眼した。

19世紀以前に朝鮮人が桜の花見をした記録はひとつもなく、文学にも絵画にも表現されたことが無い。詩の一首すらも詠まれていない。朝鮮人は桜に関心を持たなかった。20世紀になってから、日本文化の影響で朝鮮人(韓国人)が花見を始めたのはあきらかだ。

韓国人が「桜は韓国が原産地だ」と強弁するのは、「漢字は韓国が起源」説を主張して中国人に呆れられているのと似た現象だ。これらのことから韓国人が事実に重きをおかない傾向があることが分かる。

ソメイヨシノの原産地は東京だった

そもそも、ソメイヨシノは接ぎ木によってのみ繁殖する園芸品種だ。原木は江戸上駒込村染井(現在の東京都豊島区駒込)の植木職人が交配して作ったものとされている。創りだした植木職人の記録までは残っていないが、日本全国への分布の過程からいって江戸が起源であることは間違いない。

江戸時代には「吉野桜」という名前で植木屋が売っていた。奈良の吉野にあやかって名付けたとされ、江戸の人は本当に吉野の桜だと思っていたらしい。明治になって交通が発達し、「吉野桜」と吉野の桜が別であることが知られて、あらたに「染井吉野」と名付けられた。

ちなみにJR山手線の駒込駅前広場は、染井吉野桜記念公園として整備されていて、記念碑として染井吉野桜発祥之里が建てられている。駅前から少し入った染井通りは江戸時代に植木屋が軒を連ねていて、この通りでソメイヨシノは誕生した。

たった1本の原木から接ぎ木を繰りかえすことで日本全国、そして世界中に広まったのだから、全てのソメイヨシノは遺伝子が完全に同じ。それゆえに一斉に咲き、一斉に散っていく。実から発芽することがない種だから自生地はありえない。それは日本人なら知っていると思う。

米国ワシントンD.C.のポトマック河畔は世界的な桜の名所になっているが、これも戦前の東京市が荒川の桜並木から穂木を取り、接ぎ木した6040本を送ったものだ。

Andy Feliciotti 🔥さん(@someguy)がシェアした投稿

では「桜の起源は中国」説は?

中国にも「桜の起源は中国」説がある。

これは、ヒマラヤ山脈の北側が中国領チベットであることから起きた誤解だ。そもそもヒマラヤの北側は標高4000mのチベット高原(中国西蔵自治区)なので、気候が厳しく、桜どころかほとんどなんの樹木も生えていない。桜の起源であるわけがない。

下の写真がヒマラヤ山脈の北側。見渡す限り人が住まない荒野が広がっている。

ヒマラヤ山脈の北側チベット高原

ヒマラヤの南側のネパールとはまったく違う自然環境だ。南北でこれほどまでに風景が違うのだね。

桜の起源はヒマラヤの南麓だが、ヒマラヤは中国人にとっても地の果てといっていい場所なので、南北の地理関係がよくわからず、チベットとネパールがごっちゃになってるようだ。韓国人のようにデタラメを言っているというよりも、地理を誤解しているのだろう。

ただし余談(というか重要なこと)だが、もともとチベットは独立国だった。1950年に中国軍が軍事侵攻し100万人のチベット人を殺して中国領にしてしまった。中国の侵略は違法で無効だ。だから「桜は中国起源説」は妄言だということもできる。

中国でも桜は人気急上昇中

現在は中国にも、日本からソメイヨシノが多数移植され、桜の花見が各地でされるようになってきた。ここ数年は伝統的な梅よりも桜の方が人気が高くなりつつあるという。中国人は「花見は日本の文化」ということをもちろん知っていて桜の美しさ、そして花より団子の日本の宴会文化までもを楽しんでいる。

さらには「本場の桜が見たい」という希望が高まり、日本の桜前線が春のニュースとして取りあげられているほどだ。どうりで、以前は外国人がいなかったうちの近くの公園でも、桜を楽しむ中国人の姿を見かける訳だ。

桜前線

桜以外の、ネパールと日本の共通点

ネパールは小さな国だが、桜が誕生し、ブッダが誕生し、そして世界最高峰のエヴェレストを擁する国であることを、この国の人は誇りに思っているらしい。

こちらはネパールの国旗。

ネパールの国旗

上が三日月、下が太陽をデザインしている。

月と太陽の寿命と同じぐらいネパールの繁栄が続くように、という願いが込められている。「苔のむすまで」と同じ発想なのだねえ。

日本もネパールも、未来永劫ひとびとが楽しく暮らせる国でありますように。

スポンサーリンク