東京からいちばん近いカリフォルニア、横田基地の日米友好祭へ行ってきたよ

日本

横田基地での日米友好祭2018へ行ってきました。昨日の土曜日です。

JR拝島駅から歩いて20分ほどで、第5ゲートに着きます。

秋雨前線が南下するこの頃です。
午前中は雨が降っていたので、天気予報をみながら雨がやむ午後3時頃に到着するつもりで家をでました。途中、電車の窓から上空をオスプレイ2機が西へ飛んでいくのが見えました。やっぱり横田へ向かっているのでしょうね。

カリフォルニアといっても、実際には東京の福生の9月なので、ムシムシします。午後の天気は悪くなく、ちょうど横田基地の上空だけどんよりしてるお陰で、飛行場も涼しくて歩きやすかったですけど。

今日のカメラはソニーRX100M3です。Jpegで撮影しました。

西洋人にとって日本といえば『鳥居と富士山』。朱い鳥居はエキゾチックに見えるんでしょうね。形がちょっとヘンですけど。

横田基地には在日米軍司令部が置かれていて、アメリカから重要人物が来日するときは羽田空港ではなくここ横田基地に到着します。その時にVIPを迎えるのがこの鳥居と富士山です。映画シンゴジラで、石原さとみ演じる米国特使が横田基地に着陸し、車で昭和記念公園へ直行したことを覚えている人も多いと思います。

それから昨年は、トランプ大統領が大統領専用機エアフォースワンで横田基地に降り立ちましたね。トランプもこのヘンな鳥居の左の通路を歩いた筈です。鳥居は、本来はくぐるものだから通路を跨いで建ててほしかったな。

最新の航空機に手で触れる

米空軍や自衛隊機が展示されていて、輸送機なら中に入ることもできます。特に人気が高いのがV-22オスプレイで、長い行列ができていました。

離着陸のためのティルトローターの可動部分を見ていると、その技術力の高さにワクワクします。このエンジンの力で最大時速565kmの高速スピードが出せるのです。そういえば、マクロスのバトロイド バルキリーはオスプレイをはるかに上回る複雑な可変をしますが、実際にバルキリーが造られたら凄いでしょうねえ。

オスプレイは輸送機だから通り抜けるだけしかすることがないので列の進みは早く、15分ぐらいで機体ドアに着きました。

内部はこんな感じ。あんがい狭いです。基本的にはヘリコプターですからね。

操縦席に座ることは出来ませんでしたが、写真は撮れます。

胴体にある小さな丸窓。

グレー塗装の国籍マーク。

午前中にはオスプレイの飛行デモンストレーションが行われたそうです。見られなくて残念でした。よくテレビで騒音が激しく近隣の市民生活に悪影響があると非難されるオスプレイですが、参観した人たちがSNSにアップした投稿には「音は意外に静か」「普通のヘリコプターよりも飛行音は少ない」と感想が書かれていたので、やっぱりテレビの報道を真にうけてはいけないな、と思いました。そういえば、電車から見たオスプレイも静かに飛んでいましたね。

飛行場の奧には、他に4機のオスプレイが駐機していましたが、そちらには近寄れませんでした。10月1日から計5機のオスプレイが横田基地は配備されると聞きましたが、すでに全機が横田基地に到着しているようです。海兵隊仕様のオスプレイが一機あるそうですが、どこにあるのか遠くてよく分かりません。

百里基地から飛んできた自衛隊の川崎T2。百と書いてあるマスコット人形がカワイイですね。日の丸の赤が目に鮮やかです。

無人偵察機グローバルホークも展示されていました。

ギーガーが描いたエイリアンのような独特な形が印象的なグローバルホーク。その頭の部分の膨れた部分には、驚異的な処理能力を誇る高性能レーダーが搭載されています。航続距離はなんと22000km。東京からシカゴへ無補給で往復できます。

Tボーンステーキが人気

当日はお店もずらりと並んでいて、アメリカンフードが味わえます。アメリカンだから期待するほどではないかもしれませんが、本場?ステーキやハンバーガーは食べてみたいですね。

人気の高い店は長い行列ができてますが、そうでない店はガラガラ。

その辺に座って食事をしています。週末なので家族連れが多いですが、学校帰りの女子高生もけっこういましたね。

夕飯にここでTボーンステーキを買いました。500gの米国牛肉ステーキが、パン・コーン・水が付いて1200円。香辛料が外国っぽい味でした。

入場は午後8時までだから、けっこう遅くまで開いています。閉場は午後9時。

今日は午後8時から花火大会があるそうなので、夕方に行ってみてはいかがでしょうか。
山手線か東京メトロ沿線から来る人は、高田馬場で西武線拝島行き急行に乗り換えれば、JRよりも切符代がずっと安いです。