マイクロフォーサーズをメインカメラとして使うプロカメラマンたち

撮影機材

昨今、フルサイズ ミラーレスといえばソニーのαが高い人気を集めている。これまでミラーレスではソニーしかフルサイズを販売してなかったのと、急速に高性能なシステムを構築できたからだ。そこへこの秋、なんとニコン・キヤノン・パナソニック・シグマから一挙にフルサイズ ミラーレスカメラが発表になった。

カメラ界はフルサイズの戦国時代の様相だが、ぼくの主力はやっぱりマイクロフォーサーズのカメラだ。なんてったって「高画質」「軽量」というロケ用カメラに必要な2つの要素を真に兼ね備えたシステムはマイクロフォーサーズしかないからね。

今回は、FBとTwitterから、マイクロフォーサーズを使っている他のプロカメラマンの投稿を集めてみた。いずれの意見もぼくが日頃から思っていることと同じ。というわけで、単なるまとめ記事ではなく、これはプロカメラマンの意見なのだ!

なお、これら投稿は正規のAPI機能を使って当記事に埋め込んでいるのでパクリではありません念のため。

気がついたら全部パナソニックになっていた

ぼくも同じ。NPS(ニコン プロサービス)に入ってたけどいつの間にかニコンのカメラはすっかり使わなくなって、パナソニックのカメラばかり使うようになった。そして今ではルミックス プロサービスに加入した。マイクロフォーサーズはロケ用カメラシステムとして最高だ。スタジオでモデルを撮影するならフジフィルムの中型カメラがいいかな。持ってないけど。

スタジオでも物撮りなら被写界深度が深いマイクロが便利だけどね。

小型で高性能なマイクロフォーサーズ

「F.B.フォトグラファーの皆様(その2)最近のマイクロフォーサーズレンズの実力は/オリンパス+パナソニック連合)
私事2012年腰を痛め、それを機にフルサイズからM.F.にしたのですが、7月発売されたオリンパスの7−14mm…

増島 実さんの投稿 2015年11月25日水曜日

マイクロフォーサーズのセンサーのサイズはフルサイズの1/4であることはよく知られている。これをして「マイクロは小さいから不利だ」という人がいる。

ところがだ、そうでもないのだな。というのは、ミラーレスはその名のとおりカメラボディ内にミラーが無い。そのためレンズ設計の制約が圧倒的に少ない。高性能なレンズを作りやすいということだ。特に広角レンズにおいて。

そしてセンサーが1/4ということは、レンズもまた光学性能を落とさずに1/4にダウンサイジングできるということだ。1/4なら性能は同等以上、仮に小型化を1/3に押さえればレンズの性能は”同等”をはるかに上回る。

逆に言うと、マイクロフォーサーズの高性能なレンズに匹敵するレンズをフルサイズ規格で作ったら4倍以上の大きさになってしまうという。

下の2本のレンズの光学性能がほぼ同じだとは、にわかには信じられないだろう。比較すると重さは1/4、価格は1/3だ。この2本を持ち比べたら、旅行用ロケカメラにはマイクロを選ぶほかはないな(個人の感想です)。

増島さんが言及されているオリンパス ZUIKO 7-14mm/F2.8は、宇宙一よく写る広角ズームレンズと謳われたニコン14-24mm/F2.8に勝るとも劣らないと褒め称えられる名レンズ。どちらも日本の製造技術の妙技をつくしたレンズだが、オリンパスはあえて重く設計したことで超高画質を達成した。重いといってもニコンよりはるかに軽いから旅にも持って行けてロケ撮影がテキパキ進められ、結果的によい写真がより多く撮れる。

なお、APSはマイクロフォーサーズと比べてセンサーサイズに差が少ないにもかかわらずレンズは遙かに大きくなってしまう。

「写真はレンズで決まる」というくらいレンズは重要だ。レンズ設計において有利なマイクロフォーサーズは「小さい」のではなく旅やロケに、そして普段使いで持ち歩きできるデジタルカメラの「最適な」サイズなのである。

そしてマイクロフォーサーズにも明るい単焦点レンズがたくさん用意されており、背景をボカした写真や、夜のスナップもちゃんと撮れる。

◉今夜のオリンパスシリーズ

夜の街の人物撮影

OLYMPUS E-M1 MarkⅡ
45mmF1.2

暗い夜でも
明るいレンズと手ぶれ補正があれば
別次元の世界が出来上がります

HASEOさんの投稿 2018年9月16日日曜日

お仕事はほぼマイクロフォーサーズで

静音シャッターの威力が凄い

もともと、ぼくがパナソニックのミラーレスカメラを買ったのは、電子シャッターをスナップや舞台撮影で使いたかったからだ。まったく無音だから周囲に何にも気をつかわなくていい。 今となっては舞台撮影で一眼レフを使うなんて考えられない。

かねてより演奏会主催者から要望の多かった、写真撮影時の静音化に対応すべく、演奏会の撮影では機材を変更します。

この1年間、明暗差の大きな演出光や暗所などの諸条件をマイクロフォーサーズ機の電子シャッターを使って無音撮影のテストを行った所、業…

藤木徹流写真事務所さんの投稿 2015年4月17日金曜日

EOS Rとかこのクラスと比べたら仕事カメラはマイクロフォーサーズの方がよいね(個人の意見です) 。しかし同じ意見の人は少なくないと思う。

最新のPanasonic Lumix G9で撮れない写真はほとんど無いから、普段はマイクロを使って、超高感度撮影とかの特殊用途用にフルサイズのカメラを買うのもアリかな、とは思う。

来年、パナソニックやシグマから共通のLマウントのフルサイズカメラが発売される。高感度撮影用にはパナソニックS1、風景写真用にフォベオンセンサー搭載のシグマのフルサイズカメラを買ってもいいな。実はぼくはフォベオンも使ってみたかったのだ。画質は超最高だからね。

そこで気になるのは、マイクロフォーサーズのレンズはアダプターを介してフルサイズで使うことができるだろうか、ということ。今のところパナソニックからこの点について何もアナウンスされていないのが気になる。オリンパスがLマウントに参加表明していないのも、ここに原因のひとつがあるかも。

平成とともに一眼レフの時代が終わりつつあるが、戦国の世の覇者となるのがどこのメーカーかは、まだまだ分からない。

ブログ内関連記事

スポンサーリンク