知ってた? フルサイズは、実は小さなフォーマットだってことを

フィルムで撮影していた頃、写真界には「大きいフォーマットのカメラを使う方が立派な仕事」という意識があった。シノゴや中判フィルムを使う撮影ならちゃんとした仕事だが、35mmフィルムは予算の少ない簡単な撮影(ということはギャラも少ない)という雰囲気だった。

フィルムの面積を比較すると下図のようになる。
おおむね実物大だ。こうしてみると135(35mmのこと)って小さいね。だから35mmフィルムは写りもそれなりで、そもそも画質を云々するようなフォーマットではなかった。ニコンやキヤノンの画質に拘っていたのはアマチュアで、プロはそれほど気にしていない。画質を気にしなければならない撮影には中型か大型カメラを持ち出すからだ。

それがデジタル時代になったら、かつてヒエラルキーの最下層にあった
あの小さな35mmが、フルサイズと称して最上層へと浮上した。
これこそ下克上か。

そして、デジタル時代にはあらたなヒエラルキーができた。
フルサイズが一番偉くて、その下がAPS、その下がフォーサーズといった感じかな。でも最近のぼくは、ボディもレンズも小型で軽量なAPSやミラーレスカメラを使っている。それもフォーサーズがメインカメラになっている。

なぜって、マイクロフォーサーズは画質がいいんだよ。こういう撮影のときは、Nikon D7100とPanasonic GX-7 を使うことが多い。
どうせフルサイズだって小さなフォーマットだから、小ささ比べで勝っているAPSの方がよりフットワークがよくて、ぼくには便利だからね。