フルサイズは実は小さなフォーマット。印象操作で大きいと思っているだけ

フィルムで撮影していた時代のこと。写真界には「大きいフォーマットのカメラを使う方が立派なカメラマン」という意識があった。

シノゴや中判フィルムを使う撮影ならちゃんとした仕事だが、35mmフィルムは予算の少ない簡単な撮影(ということはギャラも少ない)という雰囲気だった。

フィルムの面積を比較すると下図のようになる。
おおむね実物大だ。こうしてみると135(35mmのこと)って小さいね。だから35mmフィルムは写りもそれなりで、そもそも画質を云々するようなフォーマットではなかった。ニコンやキヤノンのレンズの画質に拘っていたのはアマチュアで、プロはニコンやキヤノンに画質はそれほど求めていなかった。画質を気にしなければならない撮影に35mmフィルムを使うわけがない。そういうときは中型か大型カメラを使うのだ。

それがデジタル時代になったら、かつてヒエラルキーの最下層にあったあの小さな35mmがフルサイズと名前を変えて最上層へと浮上した。これこそ下克上か。

そして、デジタル時代にはあらたなヒエラルキーができた。

フルサイズが一番偉くて、その下がAPS、その下がフォーサーズといった感じかな。でも最近のぼくは、ボディもレンズも小型で軽量なAPSやミラーレスカメラを使っている。それもフォーサーズがメインカメラになっている。

なぜって、マイクロフォーサーズは画質がいいんだよ。こういう撮影のときは、Nikon D7100とPanasonic GX-7 を使うことが多い。
どうせフルサイズだって小さなフォーマットなんだから、小ささ比べで勝っているAPSの方がよりフットワークがよくてぼくには便利だしね。