スイス アルプスの上空

その他

バルセロナからスイス航空に乗って帰国した。
バルセロナ空港を飛び立った飛行機は、
地中海を飛んで、シャモニー上空を経てスイスに入る。

左側の窓際に座ったんだけど、この航路ではアルプスがよく見えるのは右側らしく、モンブランもマッターホルンも見逃してしまった。スイスはさすがに山岳国だけあって、上空からの眺めはチベットや天山山脈を見るかのように険しい。

それにしても空が蒼いこと。
もっとも、スイスアルプスは、東西2000kmに及ぶヒマラヤ山脈の壮大さには遠く及ばず、少し飛んだらすぐに山脈は終わってしまった。ああヒマラヤに行きたいなあ。

写真は、Panasonic GX7に12-32mm/F3.5-5.6 を着けて撮った。
この組み合わせはコンパクトながら操作性もよく写りもよく、移動中の撮影や、普段使いにとても気に入っている。ルックスもよい。
ああ、それなのにこの秋にパナソニックからLX100が発表され、これが普段使いに最高のカメラっぽくて困っているところ。

スポンサーリンク