パナソニック Lumix プロサービスに入会したよ

撮影機材

撮影機材の軽量化作戦を随時展開中のわたくしですが、とうとうマイクロフォーサーズの大三元(?)も揃いました。

Lumixでマイクロフォーサーズの大三元が揃った

そこで、これまでプロサービスはニコンNPSの会員なのですけど、最近の撮影カメラは主にPanasonic G9を使っていることだし、やっぱりパナでもプロサービスに入会した方がよいかなーと思いました。

入会案内サイトはこちら。

入会条件は結構ユルくて、プロであること、パナのカメラを持っているか購入予定であること、という超簡単な基準でした。ニコンNPSの入会条件より遙かに簡単ですな。なにしろパナのカメラを持っていなくても購入予定なら入会できるのですから。

でも年会費が1万円も必要だから持ってない人が会員になることは無いと思われます。

ところで年会費は、富士フイルムなどの中堅各社のプロサービスのそれが5千円であることを考えると少々割高な気がします。それで今まで入会を踏みとどまっていたのだけど、これ以上待っていても安くなることはないだろうから、諦めて入会することにしたのであった。

上記の入会案内サイトに書いてある主なサービス内容はこんな感じです。

  1. 機材購入時の特別割引
  2. 購入検討機材の試用貸出
  3. クリーニング料金が半額
  4. 無料保証期間の延長
  5. 代替機貸出サービス

ニコンNPSとだいたい同じです。年会費も同じ。パナソニックは他社のサービスを参考にしてサービス内容を決めたのだと思いますたぶん。NPSと違ってよい点はの保証期間の延長です。ふつうなら購入後1年間の保証期間が入会日or購入日から3年間に延長されます。これは有難いです! でもパナのGHシリーズは結構頑丈でなかなか壊れないですけどね。

ただしは有料サービスで、ニコンは無料だから、なんだかなーという感じ。はNPSもそうだけどプロ価格よりカメラの八百富とかおぎさくの方が安いから、普通はみんなそっちで買ってる(と思う)。

ならすとサービス内容はNPSとだいたい同じかな。まだ窓口の対応とか分からないですけど。

プロサービスの入会記念グッズ

というわけで、サイトの案内に従って入会申請をして、無事に認められ、関係書類が送られてきました。発送元が大阪なのがパナソニックらしいです。

Lumix Pro Serviceから宅急便が届く

封を開けると、このような厳かな箱が入っています。

Lumix Pro Serviceのグッズ

中身はLPS会員証と、記念品としてLUMIXとでっかく書いてあるストラップ、それからステッカーなどなど。以前は”LUMIX”というブランドにたいへん抵抗があったのだけど(コンパクトカメラのブランドという印象だったからね)、最近はG9のようないいカメラを造ってるからだんだん気に入ってきました。

人の気持ちというのは、移り変わっていくものですなあ。

このストラップはニコンのプロストラップと同じような作りなので、同じところに製作委託してるのでしょう。

LPSプロストラップ

とうとうプロサービスまで入ってしまったので、マイクロフォーサーズから足ヌケできなくなったなあ。しかしパナはフルサイズLUMIX S1も発売するし、ミラーレスカメラの台風の目になりそうな感じ。とりあえずぼくは一生マイクロフォーサーズを使っていきます!宣言をしておくとしよう。

ブログ内関連記事

スポンサーリンク