モスクワ・シェレメチェボ空港で過ごした20時間の記録

旅行情報

バルセロナ空港から乗ったアエロフロート モスクワ行きの便は、乗客のほとんどが中国人民で、こうなると空気までも中華なかんじであたかも中国国際航空に乗ってるかのような錯覚を覚えた。もしかして間違えて西安行きの便に乗ってしまったかな?  

が、スッチーは色白のロシア美人だし、流れるアナウンスはロシア語だから、間違いなくアエロフロート ロシア航空に乗っているのだ。

離陸して1時間半後に夕食(深夜1時半に!)が出された。うとうと寝てるとロシアのスッチーに肩をつかれて起こされてテーブルにチキンカレーが並べられるのだが、眠いしおなかは空いてないしほとんど食べられない。その後少しばかり眠ったらモスクワ空港に到着した。バルセロナからの飛行時間は4時間ほどで短い。

早朝のモスクワに到着

モスクワ シェレメチェボ II 空港に駐機する各国の旅客機

モスクワ シェレメチェボ国際空港はさすがに首都の空港だけあって、早朝からその辺にたくさんの旅客がごろごろしていた。

モスクワ シェレメチェボ II 空港のフロアで夜を明かす旅客たち

成田行きの便の乗り継ぎが20時間ぐらいあるのだけど、ビザがないから外へ出られないので、空港内に留まるしかない。

セキュリティチェックを過ぎて出発フロアに降りて、そのままカプセルホテルへ行ったら、小さな受付に行列が出来ていた。なんと満室であった。

モスクワ空港内のカプセルホテルGettSleepにチェックインするツーリスト達

満室になるとは想定してなかったが、よく考えたらこの時間なら当たり前か。料金は550ルーブル/1時間で、日本円なら930円/1時間くらい。長く滞在すると少し安くなる。モスクワ空港では、表示はロシア語・英語・中国語の3カ国語で表示されていて、やっぱり中国人が多いのだなあ。

モスクワ空港内のカプセルホテルGettSleepの宿泊料金表

で、仕方がないからラウンジへ行くことにした。モスクワ空港にはプライオリティーカードで利用できるラウンジが3つあって、そのうちのひとつがここ、モスク ワラウンジ。受付のお姉さんたちはロシア人らしく愛想がよくないが食事がわりとおいしいラウンジ。でもほとんど食べる気がしないので椅子に座って休んでいた。

モスクワ シェレメチェボ II 空港のモスクワラウンジ

ところで、どうしてバルセロナ便から成田便へ乗継ぐのに、モスクワ空港で20時間もかかるのかというと、本当は次のバルセロナ発便なら1時間で乗り継げるのだけど、モスクワ空港のお役所的運営のため乗り継ぎに失敗して航空券を正規料金で買い直すはめになる日本人客が少なくないから、万一にもそんな事態に陥らないように、時間に余裕をもっているのである。

モスクワ空港でカプセルホテルで熟睡する

しばらくモスクワ ラウンジで休んで、朝9時を過ぎた頃に再びカプセルホテルの受付に向かった。GettSleepという名のこのカプセルホテルは、居心地のよさそうなベッドのイラストが通路に面して大きく描かれている。これならさわやかに眠れそうだ。

11 133902

しかし、広告用イラストと実際はもちろん違い、単なる簡素なカプセルが並んでいる。実はぼくはカプセルホテルに泊まったことがなくて、今回が人生で初体験だ。まさかロシアでカプセルホテルに泊まることになるとはなあ。5時間で2500ルーブルを受付の男の子に前払い。空港内の両替商はレートが悪いから当然のことながらカード払いした。

この男の子は高麗人みたいな感じ(朝鮮人のことをロシアでは高麗人という。中央アジアに住むロシアの少数民族)でつまらなそうな顔で応対してくれたが、あんまり面白い仕事ではなさそうだしそれも仕方ない。

カプセルホテル内の様子

ベッドはこんな感じ。ぜんぶで38床ある。とにかく荷物の心配をしなくて横になれるだけでありがたい。料金はぼったくりな感じがするけどよ。手荷物はベッド下にあるロッカーに入れて、ぐっすり休んだ。

モスクワ空港内のカプセルホテルGettSleepのベッド
11 133440

目覚めは熱いシャワーで

4時間ほどぐっすり眠って、目が覚めたら午後1時を回っていた。ぼんやりしながらシャワーを浴びに行った。このとき受付にいてタオルをくれたお姉さんは笑顔の優しいたいへん感じのいい人で、ぼくのロシアに対するイメージは300%アップした。

ただし、スペインでは感じのいい人はたいがいアルゼンチン人なので、ロシアでも感じのいい人はもしかしてロシア人ではないかもしれない(根拠のない想像です)。

カプセルホテル内のシャワー

配水管の無骨さがロシアっぽいですね。西欧ならこういったものはもっとスマートで、ドイツやオランダなら配水管すら機能美を感じるデザインだが、ロシアの昔の戦車の部品のような実用美もいい感じ。

早く目が覚めた中国人民がスマホでネットしている。お昼近くなって客がいなくなると、つまりぼくが熟睡している頃、この人たちが携帯電話でおしゃべりをはじめるので寝ながらうるさかった。まったく中国人はどうしてこんなに騒々しいのだろう?

わざわざベッドから降りて相手の前に行って注意したら「しまった!済みません」という顔をするから、言えば理解するのだ。しかし言わないとやめない。

大陸の人はいつもこんな感じで、だまっていてもこちらを忖度してくれないから、こちらも言いたいことがあればきちんと伝えた方がいい。話せば分かるが、話さないとわかり合えない。

カプセルホテルのチェアで休む中国人ツーリスト

今度はガラリア ラウンジで一休み

シャワーを浴びてさっぱりしたら、Dターミナルの端の方にあるガラリア ラウンジへ入った。ここは食事はモスクワラウンジほど選択肢がないけど、窓が大きくて明るくて居心地がよい(ほんの少しだけね)。受付の女性の愛想も少しだけいい。窓の外にシェレメチェボ のロゴが見えた。

モスクワ シェレメチェボ II 空港のガラリア ラウンジ

料理はおいしそうにも見えるが、疲れて食欲がないのと、アエロフロートは機内でも食事がちゃんと出てくるから、ラウンジではドリンクを飲むかチップスをかじるくらい。

え?他の航空会社は食事はちゃんと出さないの?と思った人もいるかな。エールフランスのエコノミー席なんか何を食べてもちっとも美味しくないし、倒産しかけた頃のJALなんか食べたら気分が悪くなるほどマズイものが出ていた。それらに比べたらアエロフロートの食事はずっとおいしい。

スッチーもすこぶる美人だし、なかなかいい感じではあるよ。

ラウンジの食事ラウンジの食事

ただし、地上の人たちは典型的なロシア人というのか無愛想な人が多いけどね。でも中国民航よりずっとマシ。あっちはスッチーも無愛想だからな。

ここにはマッサージチェアが置いてある。YAMAGUCHIというブランドで、日本製を装った中国のパチもんかと思ったら、なんと日本人のヤマグチさんという人がロシアで健康関連で大成功を収めているらしい。

ラウンジに設置してあるマッサージチェアはヤマグチ ブランド

台風にもかかわらずロシア人は成田に着陸するつもりだ

スマホに番号非通知の電話がかかってきた。誰だろう?といぶかしく思いながら取ったらロシア語でなにか言ってる。このIP電話番号は飛行機のチェックインのときに登録したから、今晩のフライトについてアエロフロートからの案内であろう。しかしまったく何を言ってるか分からないので、切ってしまった。

それから搭乗案内のボードをみたら、東京行きの便はなんと出発が30分早まっているではないか。

モスクワ シェレメチェボ II 空港の離陸案内に映し出された成田空港行きの便の案内

早めに出発して、早めに成田に着陸する作戦かな。それとも強風で時間がかかるから早めに出発するのかな。とくかくロシア人は史上最大規模といわれている台風19号がきていても成田空港に着陸する気マンマンでいるようだ。すごいぜスラブ魂。

それに対して日本の航空会社は、明日は全便欠航をすでに決めていた。大和魂は少し弱々しいですね。

そうこうするうちに、17時30分を過ぎた。そろそろ搭乗口へ向かうとするか。でもさ、次のバルセロナからの便は18時に到着する予定だから、この便から成田行の便に乗継ぐ客はモスクワに置いていかれるハメになるなあ。それとも案内係が着いてすっとんで来るだろうか。何人いるか知らないが、その運命を思うといかんともしがたい夜を座席の上で過ごすのであった。

スポンサーリンク