楽しい時間はすぐに終わる。東京からパリまでの12時間のフライト

成田空港を飛び立ったエールフランス275便は、数分後には九十九里浜を越え、太平洋上空で大きく旋回して機首を北西に向けた。

P1020658

今飛び立ったばかりの成田空港の上空を通り過ぎる。続いて、高崎、新潟上空をとんで、本州をたったの20分ほどで横断したら日本海にいたる。

ここからパリまでの飛行時間は約11時間ほど。そのほとんどはロシアの上空を飛んでいる。本州の上を飛ぶ時間に比べて圧倒的に長い。一日の半分になんなんとする時間をシベリア上空で狭いエコノミー席に座って過ごすのだ。

ぼくはエコノミー席であろうとも飛行機に乗っているのが好きなのだが、この時間を、窮屈だとか、長過ぎるとかいって嫌がる人が案外と多い。 ぼくにはどうしてたかだか12時間ぐらいのあいだ我慢ができないのかさっぱりわからない。体が硬いのか、それとも精神が硬いのか。 こらえ性がないというか、なんというか。 そんなお客を退屈させないために座席ごとについている液晶モニターの質も最近はどんどんよくなってきた。AF275便のモニターは画面が大きく、暗部が潰れず、見やすくて映画をよく楽しめる。

P1020665

少し前までの機材は液晶モニタの質が悪く、暗部が潰れていたため、夜や暗がりのシーンでは画面全体が真っ暗でほとんどなんの映画だかわからないことがあった。

けれどもぼくは、機内では映画はあまり見ないで文庫本を何冊か持ち込んで読んでいることが多い。何しろ12時間もずーっと座って他に何もしないでいられるのだ。文字が好きな者にとってはたまらない、至福の時間だといってよい。

いぜん、椎名誠らが責任編集をしていた本の雑誌に、「出勤したら机に座って1日中本を読んでいればよいという会社はないものかな」という活字中毒者の希望が書かれていた。毎日は無理でも、ヨーロッパ便ならずっと読書をしていられるのだから、活字が好きな人にとっては嬉しい旅だ。

しかし、楽しい時間というのは短いものなのだなぁ。
12時間の飛行時間はすぐに終わり、AF275便はパリに着いた。

スポンサーリンク
Sponsored Links

シェアする

フォローする

『楽しい時間はすぐに終わる。東京からパリまでの12時間のフライト』へのコメント

  1. 名前:加藤 投稿日:2016/06/29(水) 15:50:50 ID:9ab00cf9f 返信

    着陸時に拍手は起きませんでしたか?

    昔、ヨーロッパ(ギリシャ・パリ)へ旅行した際、天候が悪かった為、乗っていた飛行機が結構揺れました。
    着陸した時には、乗客から搭乗員まで一緒に拍手をして無事を喜んだ思い出があります。

    国内の飛行機で着陸時に拍手が起こったという経験がないので、今でも鮮明に憶えています。

    • 名前:ariga masahiro 投稿日:2016/06/30(木) 06:10:44 ID:eaa808195 返信

      こんばんは。
      天気がよかったからか、パイロットの腕がよかったからか、順調な着陸だったので拍手はおきませんでした。
      私の経験ですと、ネパールのルクラ空港のような立地がきわどい空港に着陸するときに拍手がよくおきます。加藤さんのご経験でもそうですが、着陸時の条件が非常に悪いときに拍手が起きやすいようです。

      • 名前:加藤 投稿日:2016/06/30(木) 11:31:39 ID:58d6361ea 返信

        こんばんは。日本は午前11:30です。

        なるほど、そうなのですね。
        私にとっては数少ない経験だったので多少誇張されて記憶していました。
        周りも殆んど外国人が乗客だったので国民性や文化の違いなのかと当時は思いましたが、
        単純に人間の本能に根づいた危機回避後の自然な反応だったようですね。

        典型的なステレオタイプだったようですね。
        ありがとうございます、私はそのことについて認識をあらためることができました。

        Thank you for telling me about your experience.I could change my recognition about the affair.

      • 名前:加藤 投稿日:2016/06/30(木) 14:03:00 ID:58d6361ea 返信

        ルクラ空港…これも凄いですね。
        初めてみましたが、この滑走路と飛行機の待機場には驚かされました。
        若い時、日本国内の航空会社で働いた経験がありますので、
        小型旅客機しか降りられそうにないのは一目瞭然です。
        https://www.youtube.com/watch?v=TbG3QbOD9-o

        • 名前:加藤 投稿日:2016/06/30(木) 14:18:26 ID:58d6361ea 返信

          Wikipedia も見ましたが、事故の頻度は多いですね。
          あの規模の空港なら、もっと安全な場所に移転できないですかね?

      • 名前:加藤 投稿日:2016/06/30(木) 14:40:59 ID:58d6361ea 返信

        Wikipediaでネパールを見ましたが、これから…40年先という印象を持ちました。

        • 名前:ariga masahiro 投稿日:2016/07/01(金) 04:41:18 ID:d957ac436 返信

          YouTubeなどでルクラ空港は「世界一危険な」とのタイトルがつけられていますが、それは大げさすぎです。ぼくはブログタイトルに「スペクタクル」と書きました。
          https://www.photo-yatra.tokyo/blog/archives/665
          毎日何十便も離発着している実績がありますし、せいぜい「スペクタクル」ぐらいが適当だと思います。

          移転できる土地はなさそうです。標高4000m以上には比較的平らな土地がありますが、交易路から離れてしまい実用的ではなくなります。

  2. 名前:加藤 投稿日:2016/07/03(日) 16:06:19 ID:9d00a5243 返信

    確かに世界一危険なというタイトルの印象は強いですね。その後にWikipediaでルクラ空港(テンジン・ヒラリー空港)を検索してみたときも、記事の3分の1を占める事故の項目にやはり目が止まってしまいました。有賀さんのネーミングなさった「スペクタクル」ぐらいのほうがいいかもしれません。

    移転はいろいろ難しそうですね。交易路から離れてしまうというのも本末転倒ですからね。リンクまで貼って頂き、ありがとうございました。

    • 名前:加藤 投稿日:2016/07/03(日) 16:12:54 ID:9d00a5243 返信

      ご説明いただき、ありがとうございました。