USB3.0とthunderbolt はたして速いのはどちら

画像ソフトとMac

ポータブルHDDが1台調子が悪くなったので、久しぶりに新しいものを購入しなければならず、ネットで最新情報を仕入れ中だ。

今あるポータブルHDDは2台。

それぞれ端子がFirewire400とFirewire800のものだ。
Firewire (IEEE1394) はフォトグラファーならお馴染みの端子。USBに比べて転送速度が早いし、複数の機器がデイジーチェーンで繋がるから机の上がすっきりして気持ちがいい。

調子が悪いのは右の黒いHDD。Firewire800の方だ。
2年前まではFirewireは優れた規格だったが、時代はいつの間にかUSB3、あるいはthunderboltへと移り変わっている。すでにMacBookPro RetinaからはFirewire端子が省かれてしまった。MacBookProの本体が端子の幅よりも薄くなったのが主な原因らしい。

仕方がない、ここらでぼくも新しい規格の端子のHDDを購入するとしよう。

気になる転送速度は

USB2.0とFirewire400は、理論値はUSB2.0の方が早いが、実測値はFirewire400の方がずっと速かった。

しかし、ヨドバシカメラ新宿店のHDD売り場でどっちが速いか店員に聞くと、勉強不足なのか客を舐めているのか「USB2.0の方が速いです」とどの店員もが答えていたものだ。その点パソコン専門店の店員は皆詳しくて親切だからそんなことを言う人はいない。ぼくはマップカメラ新宿店によく行く。

ネットの情報は、ヨドバシカメラ並とマップカメラ並みの記事が混在していて玉石混淆。いずれにせよ探している内容はなかなかヒットしない。

そんな当てにならないばかりの世の中だが、フランスのPC用機器メーカー Lacieのサイトに、同社製品での、各規格の実速度比較が掲載されていたので引用する。これなら信頼できる。

この表にあるUSB2.0・Firewire400・Firewire800の速度差は、ぼくの経験値と同程度だ。そしてUSB3.0の転送速度はFirewire800より速いことが分かる。

もっとも、理論値はFirewire800が800Mbpsに対してUSB3.0は5Gbpsとだんぜん速いのだが、実測値は大差がない。USB3.0の実測値は例によって理論値にほど遠いことも分かった。これがUSB3.0の性能なのか、2.5インチHDDの速度がボトルネックになっているのかは分からないが、Firewire800より格段に速いというほどでもないようだ。

USB3.0もthunderboltも、実は共に爆速だった

もうひとつの速度比較表をみてみてよう。
ストレージの中身をHDからSSDに換えてスピードを測定したこちらの結果を。

いやあ、爆速だ。とにかく速い。もはやHDをのんびり使っている時代ではないようだ。こうなると端子の違いはどうでもいいというか、何というか。

理論値はUSB3.0が5Gbps、thunderboltが10Gbpsだが、SSDでの実測値はまったく同じ、どちらも爆速である。これはSSDの書き込み速度がボトルネックになっているということかな?

というわけで、USB3.0とthunderboltはどちらも充分に速すぎて、その高性能を生かすのは個々の記録媒体の性能次第、ということがわかった。端子の違いを語ってもあまり意味がない。そうすると、少々値段は張るが次のポータブルストレージはHDDではなくSSDにするか。

>2013.3.2 Thunderbolt 外付けHDD を導入 に続く