ミネリア国立公園のジャングルをジープで走りながら写真を撮るの巻

東南アジア

スリランカは緑が多い。
雨季ということもあって、国中が鮮やかな緑に包まれている。

遠くに山が見えるね。
スリランカの山は、三角形をしたものが多い。

あとは、シーギリヤのように台形とか。どれも土の山というより、岩山が多いみたいだね。シーギリヤなんかあれで1個の岩で、土に埋まっている部分と合わせると直径200mの大岩だそうだ。

ジャングルのなかをジープで移動したり。

ぬかるみにはまったり。

ガタガタの道をジープで走っていると、手に持つカメラが車両のあっちこっちにぶつかって痛い。あ、自分が痛いわけではなくて、カメラが痛いだろうなあ、と感じる。

いつの間にかD7000の液晶モニタ保護カバーが割れていた。
それも2台とも!

スリランカ人の案内人が、割れたカバーを見てものすごく焦っていた。

いや、カメラの液晶モニタが割れたのではなくて、一枚5ドルくらいで買った保護カバーが割れただけだから、心配しなくていいんだよ。でも、このところ移動が多くて買い換える時間がないから、しばらく液晶モニタはこのままでいることになりそうだ。