スリムな本棚をオーダーしたら部屋はスッキリ、気分もスッキリ

その他

既製の本棚にはどれも問題がある。

町で売られているの本棚は、普通は、奥行き・高さ・幅の長さのいずれもが設置場所にマッチしない。特に、ぼくが特に気になるのは奥行きだ。時には奥行きが30cmもある本棚が売られているが、単行本を並べるには深すぎる。

単行本の幅は14cm程度だから、30cmも奥行きがあってはかなり手前が空いてしまう。そして空いているところには後から後から本を積んでしまう。すると奧の本は取り出すのが面倒で読まなくなるし、何の本があったのかも忘れてしまう。

みんな、そうだよね。きっと。

オーダーメイドの本棚なら全て解決

そこで、オーダーメイドの本棚を注文した。

奥行き14cmのスリムな本棚

一番悩んだのは奥行きだ。
結局、奥行きは単行本よりも少しだけ長い15.5cmに設定した。本によっては幅が15.5cmあるものもあるので。しかし後から考えると15cmでもよかったかなあ、あるいは14.5cmとか。と思わないでもない。

ともあれ、スリムな本棚で圧迫感がない。

全高が天井にぴったりだからスッキリして気持ちがいい。予めつっぱり機能がセットされていて、きっちり締めれば地震でも倒れる心配がない(少ない)。つっぱりは-10mm〜+15mmの長さ調節機能も兼ねている。

奥行き14cmのスリムな本棚

しばらくしたら、左側に本棚を増設するつもりなので、左の側板に、横板を設置するための穴を貫通して開けてもらった。

奥行き14cmのスリムな本棚

背部に幅木のキリカキを入れた。おかげで壁にピッタリと設置できる。

壁にピッタリと設置できる本棚

注文したのはリバグラガーデンホームという工務店。

料金は、以下の見積もりで32,800円(消費税・送料含)。

  • 北欧パイン集成板
  • 全高2500mm
  • 全幅700mm
  • 奥行き155mm
  • 棚板の厚さ18mm・12枚・全13段
  • ツッパリ機能あり、背板なし、無塗装、巾木欠き込みあり

  
ぼくは1枚1300円の棚板を2枚追加したのと、クリアーオイル塗装をお願いしたので、合計39900円になった(消費税・送料含)。

製品には大変満足している。

スポンサーリンク