バルセロナで散策中に小腹が空いたらピンチョス

スペイン

バルセロナの旧市街を散歩していて、小腹が空いたときにちょうどよいのがピンチョス。地下鉄Liceu駅近くのイラティ Irati が特に有名な店だ。

カウンターにずらりと並んだピンチョス。もともとバスク料理で、ここの店名もバスク語だけど、今ではすっかりバルセロナ名物となった。

お店の開店時刻は11時だが、そのころに入ってもまだ準備はできていない。

12時を過ぎた頃に何十種類もの皿が並べられて、13時を過ぎると客が増えるから、落ち着いてゆっくり食べたいなら12〜13時頃に入るのがいいだろう。1個1.95ユーロ。勘定は楊枝の数を数えて支払う。

散策中にちょっと寄って1〜2個だけ食べてもいいね。

スポンサーリンク