オーブの正体をプロカメラマンが説明する | 心霊写真? 光の玉・色の意味

最近撮った写真に、不思議な光の玉が写っていた。

この夏に訪れたチベットの寺院で、仏像の上方に多数の白いオーブが写っていた。これは神の啓示なのか、それとも精霊が現われたのか?

Tibet2

こちらは地中海のイビサ島。夕陽が美しいと評判のサン アントニオ海岸だ。写真には不思議な緑色の玉が写り込んでいる。さまよう緑の光は地中海の高貴な霊なのか? 

Ibiza

玉が緑色であることにどんな意味があるのだろうか。そしてこのように、撮影した写真に頻繁にオーブが写る人は、もしかしたら霊に憑かれているのだろうか。

実は、オーブは毎日のように現れている

オーブとは何か。オーブという言葉をぼくが初めて聞いたのがいつのことか正確には覚えていないが、たぶん21世紀になってからのことだと思う。フィルム時代には聞いたことがなかった。

聞いたことがないといっても、オーブとか、玉響(たまゆら)とかという名称で呼ばれていなかっただけで、同じ現象は起きていた。その原因は、

  1. レンズ表面のホコリが、太陽や照明の光に反射して光って見えるもの。
  2. 空気中の塵・雨が、フラッシュ光に反射して光って見えるもの。
  3. 太陽や照明の強い光がレンズ内で乱反射したもの

ようするにオーブとは、光がなんらかの反射をして写りこんだものだ。チベット寺院の写真はによる。丸い玉の形をしているのは、ピントの合う範囲から外れているから丸くボケているため。

巷でよく見るオーブ写真の多くはが多い。はホコリが外側からの光に反射しているのに対して、はカメラ側からのフラッシュ光に反射している。カメラが勝手にフラッシュを飛ばす全自動カメラにありがちな写真だ。オーブが存在すると頑なに主張する人は、それがフラッシュ光を焚いたときにだけ現れることを不思議に思わないのだろうか?

写真の素人だから、自分がどうやって撮影したかが自分で分からないのだろうね。

のオーブは写真ばかりでなく、テレビや映画の屋外ロケシーンでよく画面に写っている。ドラマとかニュースとかぶらタモリとかで普通にオーブが写っているけど見ていて気がつかないのかなあ。←ぼくにはテレビ画像のオーブに気がつかない人の多いことの方が不思議に感じる。

手をかざせば消えるオーブ

さて、チベットの寺院本堂は構造上、天井に明かり取りの窓がある。この写真は、そこから入る光に影響されたものだ。

そこで、余分な光を左手で遮ってみよう。左の手のひらをレンズの上に持ってくる。これは写真用語で「ハレ切り」という。

Tibet1

余分な光を遮ったら、写真のコントラストが上がって画にメリハリがついた。

暗部の濃度に締まりが出ている。ハレ切りはこういう効果があるからフォトグラファーならみんなしている当たり前の技術だ。オーブもなくなった。オーブなんか写っていたらへっぽこカメラマンとそしりを受けても仕方がないね。

実際の撮影現場では、ハレ切りは照明とカメラとの両方につけるのが普通だ。こんなフラップがつけられた照明を見たことがあると思う。実物でなくてもテレビや映画のスタジオ撮影シーンによく登場する。

緑色のオーブはどんな意味があるのか

イビサ島の緑の玉はが原因だ。これは写真用語で「ゴースト」という現象だから霊的現象っぽく見えるかも。

549402852e95e

この写真はニコンAF-S16-85mm/F3.5-5.6というレンズで撮影したのだが、このレンズの広角域で太陽の写真を撮るとこのようにハッキリした緑の玉が必ず写る。このレンズの光学的特徴だから避けることはできない。

Nikon AF-S16-85mm/F3.5-5.6

玉が緑色なのは、緑の波長帯がゴーストとして出やすい特性があるためだ。

この写真のように、緑色のオーブが写っている写真にはたいがい太陽(または強い照明)が写っているものだ。特にスマホのレンズは反射対策があまいから空を撮ると緑色のオーブが写りやすい。それから緑色はレンズの反射対策コーティングの種類によって青く写ることもある。「青のオーブは高貴な霊」じゃあないよ。そういう製品なだけだ。

もうひとつ、上の拡大写真をよく見ると、緑の玉の左上に赤い玉みたいなのが薄く見える。これは赤の波長帯がゴーストとして写ったものだ。赤の波長帯は緑の波長帯よりも軽減するのが一層難しいのだ。

これら諸々の反射を防止するために、レンズにはコーティングが施してある。メガネをかけている人なら、メガネをつくるときにコーティングの有無を決めたことを覚えているだろう。コーティング有りのレンズは値段がグッと高くなる。コーティング技術は年々進歩しており、ニコンの新しいコーティング技術を施したナノクリスタルレンズはゴーストやフレアが少なくクリアに写る高級レンズとして写真好きな人たちの憧れの的になっている。

レンズを換えればオーブも変わる

スペインのバルで撮影した、輪になった緑の玉と白い玉。

27_180925

マイクロフォーサーズのレンズで撮影した。
素人がみたら「天使の輪です」とか言いそうだね。でもこれは照明の光が反射しただけ。電球と同じ数だけ玉があるから誰にでも分かりやすいと思う。

オーブが話題になるのはデジタル時代から

デジタル時代になって、一般の人が持つカメラに小型撮像素子が使われるようになった。すると被写界深度(ピントが合う範囲)が深くなりレンズ表面の塵が写るようになった。

スマホの撮像素子はひときわ小さいから一層オーブが写りやすい。そして誰もがいつも持ち歩き、気軽にたくさん撮影するから、オーブが写る確率も多くなる。

これが、近年オーブがよく語られるようになった理由だ。逆にいえば、プロが使う被写界深度が浅い大判フィルムカメラにオーブはまず写らないのだが、一般の人は大判カメラを使ったことがないから比べようもないかもしれない。

スマホ>デジタルコンパクトカメラ>一眼レフカメラ>大判カメラの順でオーブが写る頻度が高いのにはちゃんと理由があるのだ。ようするに、オーブ写真と言われているものはすべて光学的現象にすぎない。それをスピリチュアリストの人たちが「不思議な現象」だと思い込んで「オーブ」「たまゆら」などともっともらしい名前で呼び始めたことで不思議現象として広まっていったようだ。

カメラマンには、オーブは映像表現として使われることも

お次はインスタグラムからステキな写真をピックアップ。

シャボン玉をふいて、カメラ側からかるくフラッシュ光をあてた写真だ。上で説明した「空気中の塵・雨が、フラッシュ光に反射して光って見える」状況をカメラマンが意図的に創り出している。

この写真に写るオーブは、中央は正円形をしているのに、周辺にいくにしたがってレモン型に変形している。これはレンズを通る光が周辺ほど減ることからおきる現象で、写真用語で「口径食」という。「日食」「月食」と同じように、円の形が蝕まれることから「食」の字が使われている。

これを「説明できない不思議な現象」と語る素人スピリチュアリストがいるが、口径食はカメラマンにはごく当たり前の現象だ。

雨のなかで撮った写真はこちら。

TEAM_JPさん(@team_jp)がシェアした投稿

ストロボをとばしてオーブを上手につくる手法は、カメラマンにはおなじみのずっと昔からある撮影方法なのだ。

こちらのオーブには口径食の影響がほとんど見られない。それは高価なレンズを使っているため。

口径食を防ぐにはレンズの玉(直径)を大きく設計すればよいのだが、そのぶん製品が大型化して高価になる。サイズと価格と性能のバランスはカメラメーカーの設計部が決めることで、霊的現象ではない。

もうひとつ、緑色と赤色の玉が写った写真。

Takashi Yasuiさん(@_tuck4)がシェアした投稿

スピリチュアルな人に見せたら「女性の魂が写っています」と言われかねないが、もちろんそんなことはない。地中海の写真と同じく太陽光が原因の色玉で、それを効果的に使った写真。ドラマティカルに見えるので映画でも使われる手法だ。

この写真の色玉はRGB(赤緑青)の3色ある。これは色の3原色がそのまま写っているということで、反射防止コーティングの技術が未熟だった昭和中期以前のクラシックレンズでよく見られる。

このように乱反射が大々的に写ることから、逆にクラシックレンズは『味がある』『雰囲気がある』という人も結構いるし、特に若い女性写真家はクラシックレンズに情緒を求めて積極的に使う人が多い。

この種の写真を自称鑑定者が「緑色は高貴な魂です」「赤色は女性の激しい情熱を意味しています」「成仏していない霊です」と評価しているのをSNSとかで見ることがあるが、そんなワケない。

Sponsored Links

七角形のオーブがあるワケは

これは撮影前のストロボ発光テスト中に写った無数の七角形のオーブ。

54940285a4ac7

普通、オーブが円形をしているのはそこにピントが合っていないから。しかしこの写真は絞りを深くしているので、7枚ある絞り羽の形を反映してオーブが七角形になっている。これらもまた、写っているのはすべてレンズ表面のホコリ。ちゃんとクリーニングしなければ(汗)。

絞りとは、光の量を調整する機構のことで人間の瞳とおなじ役割をしている。ただし人間の瞳は円形をしているが、工業製品のレンズで円形に作るのはコストがかかるため7角形〜9角形が普通。

この写真でオーブが七角形であるもうひとつの理由は、ニコンのカメラで撮影したからでもある。ニコンのレンズの絞り羽根は7枚か9枚の奇数枚数のものが多い。

下の写真はニコンのAF85mmF1.8というレンズ。内部に9枚の絞り羽根が見える。このレンズならオーブは九角形に写る。「九角形のオーブは刺々しい霊」ではないよ。

P1390672

キヤノンのカメラならオーブは八角形

ニコンがレンズの絞り羽根を奇数枚数に統一しているのに対して、ライバル社のキヤノンのレンズは絞り羽根が8枚の偶数でほぼ統一されている。

これは絞り羽根の枚数によって写真の写り方に違いがあるため。メーカーの絵作りの思想が製品に反映されている。つまりカメラメーカーによってオーブの形も変わるのだ。知らなかったでしょう(笑)

写真に写ったオーブの形を見て「お、八角形のオーブか。これはキヤノンのレンズだな」とか「太陽のまわりにいくつも現れる赤いオーブは赤外線フィルターをケチった安物のコンパクトカメラだな」などと分かることがある。

なお、どんなカメラにも必ず絞りはあり、スマホには羽根のない簡素な固定絞りが備えられている。スマホなら角が丸い三角形のオーブが写ることがある。

オーブの色の意味は

ここまで読んだらお分かりのことと思う。オーブに赤・緑・青色が多いのは、カメラの中で色の三原色(RGB=赤緑青)が光の加減で乱反射している、ただそれだけの理由だ。

RGBのうち2色をかけあわせればYMC(黄・紫・水色)になる。だから黄・紫・水色のオーブもときどき見られる。そしてRGBをすべて掛けあわせると白になる。

これは加色法の法則で、テレビやスマホの液晶画面も同じ原理でつくられている。

三原色は描け合わさっている状態が標準だから、オーブの色も白が標準だ。その多くはフラッシュ光が反射しているか、または逆光で色がとんでいるだけだ。

龍玉と呼ばれる模様があるオーブは白くとぶ寸前で色が残っているだけ(よくも龍玉などともっともらしい名前をつけたものだ)。「白いオーブは高次元のエネルギー」などと訳の分からないことを口走っている人がいたら、その人は自分の知らないことはすべて超自然的な力の仕業と判断するアタマの人だと見なしておつきあいしよう。

RGBとYMCの色は、虹を見れば分かるように赤色から紫色まで自然界の法則に従って並んでいる。自然界の法則とは、波長の長さのことだ。

光と電波は物理的には同じもの

この世界を飛びかう電磁波のうち、波長が短くて人間の目に見えるものを光(可視光線)といい、波長ごとに色として見える。

一方、波長が長くて人間の目に見えないものを電波という。ということは高校の物理の時間に習ったと思う。習わないかな? 

電波の波長に意味なんかないことは分かるよね?

FMとAMラジオの違いに霊的意味なんかないように、あるいはFM横浜とFM東京の違いに霊的意味なんかないように、色の波長に霊的意味はない。

オーブの色の意味を解説する人がいるがそれは素人の妄想だ。もし本当のことなら意味とあわせて根拠が書かれているはずだが、それはどこにもない。本人にも分からないのだから書きようがない。特に女性占い師は機械的電気的なことにまったく知識がないためか、思い込みでデタラメを口走る(しかもデタラメを自分で信じている)。

テレビ番組でオーブが特集される理由

もしかしたら疑問を感じたかもしれない。オーブが光学的現象にすぎないのなら、何故テレビ局は「オーブ現象」を不思議現象として番組で取りあげるのか? 

テレビ局のカメラマンはどういうつもりでいるのだろう。本当はテレビ局の人たちにも解明できない不思議な現象なのではないか?

そう思うのも無理もない。夏になると各局でオーブが頻繁に取りあげられるからね。

その理由はシンプルだ。オーブが取りあげられるのは、バラエティ番組や不思議特集番組だ。それらは娯楽番組の一種で、事象を科学的に調査する番組ではない。ということは、デタラメでも冗談でも面白ければいい訳だ。内容の善し悪しは問われない。

視聴率が上がればスポンサーは大喜び。テレビ局はスポンサーを喜ばすために仕事をしているのであって、テレビの前の視聴者に真実を伝えようなどとは考えていない。

報道番組やドキュメンタリーでオーブが取りあげられることは決してない。テレビ局の人たちはオーブが光学的現象にすぎないことをあったりまえのこととして知っているから、お遊びで「不思議です」といって放送しているのだ。芸の一種だな。

Sponsored Links

まとめ:オーブは心霊現象なのか

心霊現象ではない。
オーブを不思議な現象という人は

  1. カメラの機構についての知識がまったくない写真の素人
  2. ききかじりで心霊を語る素人のスピリチュアリスト

間違いなくこのふたつが共に当てはまる。

ぼくはこれまで、いろんなスピリチュアルな人から「不思議写真」を見せてもらったことがある。しかしそのすべてがこの記事と同じく光学的現象だった。

だからぼくは未だに真の不思議写真を見たことがないし、自分で写したこともない。もしかしたら世の中の不思議写真のうち1000万枚に1枚くらいは本物の霊的事象の写真があるかもしれないが、それを見る機会は一生に一度もないだろう。

何しろ毎日のようにお寺やパワースポットで写真を撮っているぼくや、仲間のプロフェッショナルフォトグラファーたちですら、誰も真に霊的な写真を撮った人がいないからね。

ようするに「本物のオーブ」などというものは存在しない。

もしオーブの写真を撮ったとしても鑑定してもらう必要はない。どうしても気になるなら、心霊占い師とかヒーラーとかに見せると「高貴な霊です」「怒りが写っています」などと根拠のない妄想をしゃべりだすから、カメラマンに見てもらおう。

「これこそ真のオーブです」という人は、実際には、目に見えない世界のことを分かるだけの智慧も学識も持ちあわせていない。時間の無駄だから話を聞くのはやめよう。

Amzonが、現金でAmazonギフト券を5000円以上チャージすると1000円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中です。ギフト券といってもAmazonチャージなので自分の...
コメントの入力は終了しました