長江を眺めて

中国

江西省の九江という、長江に面した町に来た。

大河を往来する船を眺めていると、「コンニチハ」という声がして振り向いた。そこにはユデタコのように頭がはげ上がった、ランニング姿のおじさんが立っていた。

続けて「中国と日本の人民は仲良くしましょう」と中国語で言うと、タバコの箱を指でトンとつついて、一本勧めてくれた。中国の年寄りのこういうところには敵わない。たしか司馬遼太郎もどこかで中国の老人に煙草を勧められて「敵わない」と書いていたな。

彼が知っている日本語は「コンニチハ」だけのようだが、気持ちは伝わってくる。タバコを吸わないので断ったが、できれば一緒に吸いたかったな。

スポンサーリンク