支那、シナ、それともチャイナ? 中国を何と呼んだらよいのだろうか

中国

先ごろインドネシアで、中国を「チナ」と呼ぶのは差別用語だからやめようという話が出た。もともと「チナ」は中国の蔑称として日本人が「支那」と呼んでいたのが第二次大戦中にインドネシア語に取り入れられたもので、ひどい差別用語だからあらためるべきだと首都ジャカルタの副知事が語ったそうだ。

奇妙な話だ。というのも中国を「チナ」と呼ぶのはインドネシアに限らない。スペイン語でもオランダ語でも「チナ」だ。

文字で書くとスペイン語でもオランダ語でも、そして英語でもCHINAと綴る。CHINAを英国人はチャイナと読むし、ポルトガル語なら「シナ」になる。つまり世界の人々は中国をそれぞれの発音で「チナ」と呼んでいるのだ

では、世界の人々はなぜ中国をCHINAと呼ぶのだろうか?

「支那」は由緒あるサンスクリット語が由来

「チナ」の語源は、実は古代インドにある。

紀元前3世紀、秦の始皇帝が中原を統一して巨大な国が誕生した。この国が秦(中国語でチン)ということを伝え聞いた古代インド人は、サンスクリット語でこの国をチーナと呼んだ。その後、チーナの情報がシルクロードを通じて世界中に伝えられていった。ポルトガル人は「シナ」と呼び、イギリス人は「チャイナ」と呼んだ

サンスクリット語は仏教経典が書かれた言語でもある。仏教を求めた古代中国の僧は、サンスクリット語の経典を漢訳する際に「チーナ」を音訳して「支那」と書いた。漢字の「支那」という表記はほかならぬ中国人自身によって定められたのだ。

ここでようやく話が日本に関係してくる。日本人が仏教を学びはじめると、漢訳経典に「支那」という単語があることを知った。この時代、「支那」は仏教書籍でのみ使われる学術用語だった。我が国でもっとも古い「支那」の表記は、弘法大師の著書にあるという。

その「支那」が一般人も使う単語になったのは江戸時代になってから。17世紀に大陸で明が倒れ、清が成立したことによる。

漢民族による明国が滅んで、満州族による清国が成立したことで文書表記に不都合が生じた。明と清の領土はおおむね同じ地域だが、まったく別の国だから連続性がない。明と清を一語で表す言葉がないのだ。大陸の国は、時代を超えて共通する呼び名がなかったのだ。

そこでざっくりとこの国の領域を表す「支那」が便利に使われ始めた。

そして1912年に清が倒れ、中華民国が成立すると、ここで初めて「中国」という呼び名がなされるようになる。

中国人といえば

しかしながら中華民国成立以降も、日本人は、かの国の人を「支那人」と呼んだ。というのもこの時代の日本人は、日本の中国地方を中国と呼んでいた。中国人とは岡山県や広島県人のことだ。自然な成り行きとして大陸の人を「支那人」と呼び、当の支那人もそれを自然に受けとめていた。

中華民国建国の父、孫文は、清国人だった青年時に自分の国籍を「支那」と書き記したことがあった。それは「支那」が時代を超えてこの国を表す言葉だったからだ。それゆえ現在でも台湾では大陸を支那と呼ぶことがままある。「支那」という言葉にはこのような歴史と意義がある。

悠久の歴史

ぼくは「支那」という呼び名に悠久の時間と空間、歴史と文化を感じる。

「中国」なんてたかだか100年前に登場した呼び名よりも、しかもほぼ共産中国を指す名よりも、「支那」の方がよっぽどこの国を表すのにふさわしい風格がある。
それなのに、何故か現代では差別語扱いされている。

それはどうしてだろう?

“支那は日本による差別語"説を主張するジャカルタ副知事は華人だという。

もともとインドネシアでは日本への好感度が高い。そんな国で日本悪者説を主張する華人のなりふり構わぬ戦術には呆れる。しかし、白紙状態のインドネシア人がこれを聞いたら、本当に差別用語なのかも、と擦り込まれてしまうかもしれない。

“支那は差別語"説は、あらゆる手段で日本を貶めようとする中国の戦術のひとつだ。歴史的事実を踏まえていれば「支那」が差別語ではないことが理解できるし、台湾人はそれが分かっているいるから今も「支那」と呼んでいる。

「ポルトガル人がシナと言うのはよくても日本人が支那と言うのはダメ」では訳が分からないが、見識ある人がこれを理解できないのは当たり前のことだろう。

美しく、歴史のある、孫文も好んだ「支那」という呼び名が使いにくくなってしまった現在の状況は、シルクロードに魅了されるものとして残念だ。それは当の中国人自身にとっても文化的損失だ。

ブログ内の関連記事

スポンサーリンク