「すしざんまい」から利益をかすめとる「NAVERまとめ」は文化の海賊だ

すしざんまいの社長の話題がネット上でかなり大きくなっている。

2

「すしざんまいの社長がひとりでソマリア沖海賊を退治した」という話題に関しては、ソマリアに詳しいノンフィクション作家の高野秀行さんが自身のブログで以下のように明確に否定されている。

海賊の激減とすしざんまいには何も関係はない。たとえすしざんまいで元海賊を漁師や船乗りに雇っても、他の人間が海賊をやるから同じことだ

ということであった。
この件はこれで終了だ。もちろん、すしざんまいの社長の現地貢献は素晴らしいことだ。拉致・誘拐が普通に行われる国へ行って、拉致されずに仕事ができること自体が武勇伝だと高野さんも書いている。

ハーバービジネスオンラインさんは、社長の武勇伝をそのまま書けばよかったのに、ミダシが大げさすぎて内容を少し損ねてしまった。

アクセス数をかすめとる「NAVERまとめ」

さて、ここからが本題。

ハーバービジネスオンラインの記者はおそらく1月12日にすしざんまいの木村社長を尋ねてインタビューをしている。普通に考えればこの企画は前年のうちに動いてアポをとったことだろう。そして記事は脱稿後に2回にわけてアップされている。ソマリア沖海賊に話題が振られたのは1月18日の記事「すしざんまい社長が語る「築地市場移転問題」と「ソマリア海賊問題」。

この記事は、企画から発表まですくなくとも1ヶ月の時間をかけて制作されている。

しかし、あろうことかアップされた数日後には早くもNAVERにパクリまとめ記事が掲載されている。元の記事を適当にバラして再構成するだけだからまとめを作るのは簡単だ。なんの労力もいらない。

1

ぼくが周囲の人たちに聞いたところ、すしざんまい社長の武勇伝は「FBで、いろんな人がNAVERまとめの記事をいいね!して流れてくる」「けれども元のハーバービジネスの記事はシェアされないから流れてこない」ということだった。

そこで、確認のためにNAVERの当該ページにいってみた。
これもNAVERのアクセスに数えられちまうから本当はイヤなんだけど、仕方がない。

22日18時現在、

ハーバービジネスに いいね! している人は2.5万人
NAVERに いいね! している人は6.4万人。

というわけで、NAVERまとめの勝ち!!

・・・・・・・そんなことでいいのか?

記事を書いたのはハーバービジネスなのに

ハーバービジネスさんは社長のもとへインタビューにいき、時間をかけて企画を進め記事を書いている。やっとこ記事をアップしたら、すぐにNAVERにパクられてしまった。そしてアクセスはNAVERに集まる。NAVERの記事はすでに75万アクセスがある。これは、本来はハーバービジネスさんが稼ぐべきアクセス数の筈だ。

大概の人はNAVERでまとめを読んだら、あえて記事元まで読みに行かないだろう。その結果、元記事は読まれない。

あーあ、ハーバーさん、かわいそうにヽ(´ー`)ノ
いやいや、人ごとじゃないよ。ぼくも同じような目にあっているからね。

ぼくだけじゃない、NAVERにパクられて怒!という記事はネット上たくさんあるから検索して読んでください。

人が時間をかけて作り上げた記事を、あっという間にパクってしまうシステムを作り上げたNAVERは文化的な海賊だ。クリエイターが得られるべき利益、満足感、充実感、アクセス数、そうしたものをNAVERはすべて奪っていく。

パクリで成りたつ諸々のキュレーションサイトは本当にひどいメディアだ。ハーバービジネスさんもNAVERの被害者。真の悪はNAVERまとめだ。