【謝罪】B社の社員から陳謝メールが届きました。

その他

メールボックスに「B社社員です」というタイトルのメールが来ていた。
むむ。いったい何だろう。

果たして抗議のメールだろうか。

岡山県岡山市の建設会社 B社は、写真家の作品を自社ウェブサイトに無断利用しておきながら、問合せを重ねても知らん顔しているコンプライアンス軽視な会社だ。ぼくはB社を著作権侵害で提訴しているのだが、この法令を軽んじる会社は果たして「無断使用の件はいい加減にあきらめろ。さもないとただじゃ済まさないぞ」という強硬な挑戦状でも送ってよこしたのだろうか。汗。汗。

と緊張しながらメールを読んだら、想像したのとはぜんぜん違っていた。

それはB社社員からの謝罪メールだった

内容をかいつまむと「当社が有賀さんにご迷惑をお掛けして申し訳ないです。無断使用の件は、社員として大変恥ずかしいです。私はB社を代表する立場にはありませんが、一社員として謝罪いたします」ということであった。

これまでぼくがコンタクトをとったのは、「あたし何にも分からないんですよー。フフフ」と女子力を発揮してさっさと電話を切ろうとするB社東京オフィスの下っ端社員か、「有賀さんのおっしゃることは当社を中傷するものです。中傷するからにはこちらは訴訟にすることもありえますが、有賀さんはそれでもよろしいのですか」などと慇懃に逆ギレするB社社長だったから、B社は上から下までろくな社員がいない会社だと思っていた。

しかし、100人ほどの社員の中にはまともな人もいるのだと認識を新たにした。

まともな社員であったら、写真を盗用しておいてしらばっくれる社長には恥ずかしい思いをしているに違いない。現代はコンプライアンス重視の社会。裏表のある社長の行いによってB社は社内外での信用が低下し、同社が力を入れる太陽光発電や架台の販売にも影響がでているという。

一社員の個人的なメールだから裁判には影響しないが、心強い応援だ。
どうもありがとう>B社社員。