【悲報】ドルツ・ジェットウォッシャーを買ったら歯医者にそれは不要と言われた

旅行用品

口の中を高圧水流で流してさっぱりきれいにしてくれるヒット商品、パナソニックのドルツ ジェットウォッシャー。

P1330233 2

歯ブラシではとりきれない歯間の汚れを高圧水流できれいに洗い流してくれるそうだ。旅先でも使えるように電池式のEW-DJ10-Wというポータブル版を買った。値段は4300円ほどだったと思う。

ぼくは通販で購入する前に、まずネットで検索して使用記を探して読むことにしている。

ドルツ ジェットウォッシャーはなかなか好評で、イケダハヤト師もこれはヤバイ商品ですよ。もう手放せません。とブログで絶賛していた。なんかステマっぽい気がしないでもないけれど、アマゾンのレビューや口コミでも「自分でもビックリするほど汚れがでてくる」と絶賛する声が多いことだし、健康第一とポチした。

期待に反して、使用感は微妙

品物が届いてさっそく使ってみた。たしかにすごい勢いで冷たい水が歯間を流れていって気持ちがいい。水がしみて痛いことはない。これは効果がありそうだと期待したが、しかし口から流れ落ちる水は透明で、歯間に残った汚れが落ちているようにはみえなかった。「汚れがすっかり落ちる」という評判のはずだが、ぜんぜんそんなことはない。ただ水が流れているだけに感じられ、汚れが落ちたさっぱり感はない。電池式は水流が弱いからだろうか?

ちょうど、いきつけの歯医者さんに定期検診にいく時期だったので、検診を受けながら「先生、ドルツ ジェットウォッシャーを買ったんですよ」と話をしてみた。この歯医者さんはぼくに電動歯ブラシを勧めてくれた人。電動歯ブラシはすごく効果的で歯がピカピカになったものだった。ぼくはきっと「それはいい買い物ですね」と答えが返ってくるものと思った。

そしたら先生は「ドルツ ジェットウォッシャーって何だっけ」と、別の歯医者さんに訊いていた。あれあれ?

ほらほら、これこれこういうやつ…..
と説明を受けた院長先生は、なんと「ああ、あれか。あれは効果ないんだよなあ」と呟いた。

そして先生はぼくに説明してくれた。
「有賀さん、水流で落ちるのは大きな汚れだけです。歯にくっついている粘着性の汚れは水流では落ちません。虫歯のもとになる粘着性の汚れを落とすには歯間ブラシを使いましょう。」

P1330211 2

ということであった。

なるほど、そういうことか。ぼくは普段から、電動歯ブラシで歯を磨いた後に必ずしっかりと歯間ブラシで歯間を掃除している。だから水流で落ちる程度の汚れはすでにとれてしまっていたのだ。どうりでただ水が流れるだけのわけだ。

不要な物を買ってしまった……。

と気落ちするぼくに先生は「せっかく買ったのだから使えばいいですよ。壊れるまで使って、そして壊れたら買い直す必要はありません」と優しい声をかけてくださった。

ネットの評価よりも専門家の意見を聞きたい

ネットの評判は、正しく受けとりにくい。
それは評価している人が、ふだんどういう生活をしているのか、どんな価値観なのかが分からないからだ。つまり、評価の軸が分からないのだ。(特にぼくの仕事分野であるカメラやレンズの評価はぜんぜん分からない。評価者のスキルが文章だけではさっぱり分からないから)。

「電動歯ブラシも歯間ブラシも使っているが歯茎から血が出るのでドルツジェットウォッシャーを使ったら症状が改善した」というブログ記事を読んだことがあるが、それが事実ならよほど使い方が雑な人だろう。

ぼくのかかりつけの歯医者さんは「歯ブラシは、電動でも手動でも歯にちゃんとあたっているのを確認しながら歯を磨いてください」とくどいほどおっしゃっている。ブラシがあたっていなかったら汚れが落ちるわけないのは、口の中でも風呂場の浴槽の汚れでもおんなじだから、もっともなことだ。

というわけで、ドルツはステマかどうかは別として、使用の前提条件が違いすぎてぼくには役に立たなかった。歯磨きが雑な人には少しは役立つのかもしれないね。

歯間ブラシを使うなら

歯間ブラシは、ぼくはデンタルプロのMサイズ(ブルー)とSサイズ(オレンジ色)の2種類を併用している。上の写真にあるシンプルな形のものが一番磨きやすいように思う。歯医者さんは「歯間に合わせて複数のサイズを使って掃除してください」とアドバイスしてくれた。歯の根元をきれいにすれば歯槽膿漏の予防になるから歯間ブラシは必需品だ。スーパーで売っている。