その記事はフェイクだよ【これが本当の】スティーブ ジョブズ最後の言葉

画像ソフトとMac

このところ、スティーブ ジョブズが人生の最後をむかえた時に病床で語った言葉がSNSでシェアされて頻繁にあがってくる。しかしこれは本当にジョブズの最後の言葉なのだろうか?

ここでは冒頭の部分だけを引用する。

私は、ビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。
他の人の目には、私の人生は、成功の典型的な縮図に見えるだろう。

しかし、仕事をのぞくと、喜びが少ない人生だった。
人生の終わりには、富など、私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない。

「喜びが少ない人生だった」と人生を振り返るジョブズは、死の床で何を理解したのだろうか。続く文はそれなりに感動的(紋切り型な気もするが)だから、多くの人がシェアするのももっともかもしれない。

しかし残念ながらこの言葉はフェイクだ。つづきを読みたい人は「私は、ビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。」で検索すればたくさんヒットするからどうぞ。

ジョブズ公認の伝記を読んでみよう

23

講談社からジョブズの伝記が出版されている。
「スティーブ・ジョブズ I・II、ウォルター アイザックソン著、 井口耕二訳」はジョブズ本人からの依頼によって書かれた彼の公式伝記だ。

最終章にはジョブズがこの世を去るシーンが描かれている。

その最終章が講談社の好意でネット上に公開されている。恐らくこの章はジョブズの死後に追加されたからだと思う。誰でもダウンロードできるから読んでみよう。

せっかちな読者のために、肝心の部分を引用しておくね。

場所はジョブズの自宅。 妹や、子供たちに囲まれてベッドで寝ているところだ。

火曜日の昼下がり、ジョブズは、子どもたちの目ばかりを見つ めていた。そしてあるとき、パティに目をとめ、子どもたちをじっと見つめ、そしてローリーンに視線を移したあと、どこか遠くを見る目になった。
「うわぁ」
つぶやきが漏れる。
「うわぁ、うわぁ」
最後の言葉だった。
意識がなくなる。午後2時ごろのことだ。

スティーブジョブズは死の数時間前、意識がなくなる直前に「うわぁ、うわぁ」と言った。英語でOH WOW. OH WOW. OH WOW.

最後の言葉はこれだけだ。

SNSでシェアされている「最後の言葉」とぜんぜん違って、特に意味のあることを言っていない。そしてこれ以外のことも何も言っていない。もしかしたら、そこには何か深遠な意味があるのかもしれない。が、意味があるのか、ないのか、はたまたそれ以外の何かなのか、それはその場にいた家族にもわからない。

SNSの感動シェアを読むのは飽きたな。実話ならいいけど創作じゃあねえ。

実際のところ、ネットで流れている嘘っこ最後の言葉は、ジョブズが語ったにしては紋切り型すぎる。ジョブズはこんな通俗的な人生観を語ったりしない。生前のジョブズがどんなことを考えていたかは、講談社の伝記を読めば分かる。すでに多くの人が読んでいることと思う。まだ読んでいない人はぜひ手に取ってみてほしい。

ジョブズの伝記は100万部売れても赤字だった

余談だが、この講談社刊の伝記は単行本が1冊2000円で販売され、前後編合わせて100万部を売るベストセラーだったにも関わらず赤字だったそうだ。その理由は版権がべらぼうに高価だったこと。100万部を売ってももとがとれない版権料ってスゴイね。 さすがジョブズだ。